トムのガールフレンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トムのガールフレンド』(The Mouse Comes to Dinner、1945年5月5日)はトムとジェリーの作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

お手伝いさんはお客様を迎えるためにテーブルの上に忙しくご馳走を並べていた。それを見たトムとジェリーは大喜び。

ジェリーは一目散にご馳走を食べ始める。その一方でトムはガールフレンドのトゥードルに電話し食事に誘う。

やって来たトゥードルとトムは早速食事を楽しみ始めるが、ボーイ扱いされて怒ったジェリーは、トムにいろいろとイタズラを仕掛ける。

そんな中、トムは食事中のトゥードルを抱きしめようとする。しかしダサいという理由で嫌がられ、肘鉄砲を喰らうトム。ジェリーがそれをからかう。怒ったトムはジェリーを再びボーイ扱いし、それが原因でトゥードルまでもを巻き込んだパイ投げへと発展していく。

騒ぎの中でトムはジェリーに尻尾を焼かれ、頭もイカレてヘロヘロになる。ジェリーはそんなトムをローストターキーのごとく飾り立て、「S.S.DRIP」(アホ号※新吹き替え版ではマヌケ号)と書き付ける。かくて舟に見立てられたトムはトゥードルに尻にシャンパンを叩きつけられ、進水式よろしくパンチボウルの中に沈められていくのであった。

再公開[編集]

本作は1952年5月24日に再公開されており、オープニングのトムとジェリーのタイトルカードや、レオ・ザ・ライオンも変更されている。劇場初公開版では、スタッフクレジットに一部変更がある他、プロデューサーであるフレッド・クインビーの記載がない。現在テレビで再放送されているものは再公開版であることが多いため、初公開版を見るのは困難と思われる。

関連項目[編集]