王様を起こさないで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王様を起こさないで』(Royal Cat Nap、1958年3月7日)はトムとジェリーの作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

舞台は中世。トムは近衛兵として王に仕えている。しかしこの王は大の癇癪持ち。今日も昼寝の最中に、枕もとの果物やチーズを荒らしに来たジェリーやニブルスに眠りをさまされカンカン。

「この役立たずの馬鹿猫が!今度わしの目を覚ますようなことがあったら、お前の首を刎ねてくれる!」。

それを聞きつけたジェリーとニブルスは、早速目覚まし作戦を開始。花瓶や皿を落とそうとしたり、プレートアーマーを踊らせて鳴らすなどなど散々な悪戯を働く。トムはネズミ2匹をやっとのことで王の寝室から追い出すと中から錠を掛け、鍵を飲み込んでしまった。

これで一安心のはずだったが、ジェリーたちは鍵穴から矢を射込み、飛んだ矢はトムの尻にヒット。鍵を飲み込んでしまったことが裏目に出て、部屋から出られず、王の枕元で絶叫するトム。

目を覚ました王は激怒。「一度ならず二度までも!貴様は死刑だ!その前に拷問を加えてくれる!わしに逆らう者がどうなるか…」。

ところがドアの下から部屋に入り込んでいたジェリーたちが、王の耳元で子守唄をささやくと、激昂していた王は徐々に安らかに眠りについていった。

眠り込む王を見届けたトムとジェリーたちは、部屋を出ると友好的に握手を交わす。その後は思う存分チャンバラを始めるのだった。

備考[編集]

今回はトムとジェリーの勝敗が明確でなく、いわゆる引き分けに近い結末が描かれている。
ニブルスが花瓶を落とすシーンで体色と服の色がジェリーになっているという、作画ミスがある。
ニブルスが歌う子守唄は『武士道はつらい』において、ニブルスがトムの落書きをするシーンで歌ったものと同じ。
トムが叫ぼうとしてで遠くで離れて叫ぶシーンはテックス・アヴェリー作の『冬眠中はお静かに』や『呼べど叫べど』のオマージュ。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系及び他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

関連項目[編集]