悲しい悲しい物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

悲しい悲しい物語』(かなしいかなしいものがたり、原題:Blue Cat Blues, 1956年11月16日)は『トムとジェリー』の作品のひとつ。本作は普段の『トムとジェリー』のようなコメディーとは違い、何の救いもない悲劇であるという短編の中では異色の作品。また、この話はブッチの最終登場話である。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

鉄橋の上にて、鉄道自殺をしようとしているトムが居た。それを信号機の上から見ていたジェリーは、死に逝く親友を可哀想に思いつつも引き止める事もなく諦めの色を浮かべていた。

そしてジェリーはトムが自殺へ至った今日までの経緯を徐に語りだす。

その日、親友同士のトムとジェリーは仲良くジュースを飲み合っていた。その時、一匹の白い雌猫が現れた。彼女の容姿端麗な姿を見たトムは一目惚れしてしまい、頭が吹っ飛ぶほど変わってしまった。彼女の魅力に引き寄せられるトムをジェリーは必死で止めたが、手遅れだった。それ以来トムは雌猫の虜になり彼女の良い様にされてしまった。

しかしそんなトムの前に恋のライバルが出現。金持ち猫のブッチだった。かつてトムの悪友だったブッチも雌猫に一目惚れし、トムから彼女を強引に奪おうとしたのだ。

その時からトムはさらに燃えた。トムはプレゼントで雌猫の気を惹こうとするが、1輪の花を渡してもブッチから大量の花束がプレゼントされ、小さな香水を差し出してもまたもやブッチからタンクローリー2台分の香水がプレゼントされていた事が発覚し、トムは唖然としてしまう。ついには全財産を費し宝石付きの指輪を購入するが、ブッチから渡されたのは比べ物にならないほどの大きさと輝きを放つもの。かくしてプレゼント作戦は尽く失敗に終わった。

宝石ではダメだと気づいたトムは、自動車を購入しようとアルバイトを重ね、自らの手足を担保にすべての契約にサインをした。ところが、トムが購入したのは今にも壊れそうな古い自動車だった。そして、ブッチの乗るフロントが異常に長い新車のオープンカーに呆気なくトムごと轢き潰されてしまった。当然彼女はブッチの高級車を気に入り、益々ブッチ一筋になっていった。結局、自動車作戦は尽く失敗に終わってしまった。

それ以来、トムは絶望のどん底へ落ち、仕事にも手がつかず、毎日ヤケ(ただしミルクに見える)を飲むばかり。夢も希望も失ったトムを、ジェリーは救い続けた。そんな2人の前にはオープンカーに乗ったブッチと雌猫の姿が。そう、二人は結婚してしまったのだ。財産はおろか自身の全てを擲ったトムは、失恋のショックで立ち直ることができず、彼女と生きる希望を失い、自ら死を選ぶのだった。

すべてを語り終えたジェリーは「トムと違って自分には愛する彼女がいる」と恋人の写真を眺めて物思いに耽っていた。しかし、彼女も既に別のネズミと結婚していた事が発覚してしまい、ジェリーは彼女と生きる希望を失い、自ら死を選ぶことに。

恋に敗れたみじめなケモノが二匹、仲良く並んで列車を、そしてを待つ姿がそこにあった。迫り来る列車の汽笛とジョイント音が大きくなるところで、映画は幕を閉じる。

登場キャラクター[編集]

トム
声 - 八代駿(TBS版)、肝付兼太(DVD・VHS版)
この話で彼女を奪われ自殺をしようとする。
ジェリー
ポール・フリーズ(原語版)、藤田淑子(TBS版)、堀絢子(DVD・VHS版)
この話では彼によるナレーターに乗せて話が進められる。自分には彼女がいるから大丈夫と豪語するも、ジェリー自身も彼女を失い、トムと仲良く並んで死を待つ。
ブッチ
普段は貧しい野良猫として登場することが多いが、今作では金持ちとして登場する。
トムの恋人
白い雌猫。彼女との出会いがトムを変えてしまった。
ジェリーの恋人
白い雌ネズミ。ジェリーのガールフレンドであるが、詳細や経緯は一切不明だが別のネズミと結婚してしまった。
別のネズミ
ジェリーの彼女と結婚してしまった。帽子を被っている以外はニブルスに似ている。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列及び他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録。

関連項目[編集]