悲しい悲しい物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

悲しい悲しい物語』(かなしいかなしいものがたり、原題:Blue Cat Blues, 1956年11月16日)は『トムとジェリー』の作品のひとつ。本作は普段の『トムとジェリー』のようなコメディーとは違い、何の救いもない悲劇であるという短編の中では異色の作品。また、この話はブッチの最終登場話である。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

鉄橋の上にて、鉄道自殺をしようとしているトムが居た。それを信号機の上から見ていたジェリーは、親友の死を止めるべきという論理感を理解した上で、死に逝く親友を可哀想に思いつつも諦めていた。

そしてジェリーはトムが自殺へ至った今日までの経緯を徐に語りだす。

ある日、仲の良い親友同士である、トムとジェリーは仲良くジュースを飲みあっていた。その時、一匹の白いメスネコが現れた。彼女を見たトムは一目惚れしてしまい、頭が吹っ飛ぶほど変わってしまった。そして、磁石の如く、引っ張られていくトムをジェリーは必死で止めたが、手遅れだった。それ以来トムは彼女の虜になってしまった。しかしトムには恋のライバルがいた。それはかつての悪友で金持ちのブッチだった。ブッチもトムの恋人に一目惚れし、トムから彼女を強引に奪おうとした。

その時からトムはさらに燃えた。ジェリーの説得も無視して、諦めようとしなかった。トムは1輪の花を渡すが、時すでに遅く、ブッチから大量の花束を渡されていた。そこでトムは香水を渡そうとするが、そこにはブッチからタンクローリー台車・2台分の香水が渡されていた。諦めないトムは全財産で宝石付きの指輪を購入するが、ブッチから渡されたのは比べ物にならないほどの大きさだった。宝石ではダメだと気づいたトムは、自動車を購入しようとアルバイトを重ね、自らの手足を担保にすべての契約にサインをした。ところが、トムが購入したのは今にも壊れそうな古い自動車だった。しかし、ブッチの新車はトムのものとは比べ物にならないほど、新品でかなり長いオープンカーでありトムを車ごと轢く。当然彼女はブッチの自動車に乗り、ブッチ一筋になっていた。それ以来、トムは絶望のどん底へ落ち、仕事にも手がつかず、毎日ヤケ(ただしミルクに見える)を飲むばかり。トムには夢も希望もなかった。そしてそのまま溝に落ちそうになたところを、ジェリーに救われる。ジェリーがトムを介抱していると、オープンカーに乗ったブッチとトムの元恋人の姿が。そう、二人は既に結婚していたのだ。金やすべてをかけたトムの人生は終わった。そして、失恋のショックでトムは立ち直ることができず、彼女と生きる希望を失い、自ら死を選ぶのだった。

すべてを語り終えたジェリーは「トムと違って自分には愛する彼女がいる」と恋人の写真を眺めて物思いに耽っていた。しかし、彼女も既に二ブルスに似た別のネズミと結婚していた。そのせいで愛に敗れたジェリーも生きる希望を失い、死を選ぶ事に。

信号機を降り、とぼとぼと線路内で座るトムの横へ向かうジェリー。絶望に暮れるトムはジェリーの姿を認め「お前もなのか」と言わんばかりに、座る位置をずらしジェリーに座る場所を与える。恋に敗れたみじめなケモノが二匹、仲良く並んで列車を、そしてを待つ姿がそこにあった。迫り来る列車の汽笛とジョイント音が大きくなるところで、物語は幕を閉じる。

登場キャラクター[編集]

括弧内は日本語吹き替え(TBS版、DVD・VHS版)。

トム
不明(八代駿肝付兼太
この話で彼女を奪われ自殺をしようとする。
ジェリー
ポール・フリーズ藤田淑子堀絢子
この話では彼がナレーターを演じて、話が進められている。自分には彼女がいるから大丈夫と豪語するも、ジェリー自身も彼女を失い、トムと仲良く並んでに死を待つ。
ブッチ
普段は野良猫として登場することの多いブッチだったが、今作では金持ちである。
トムの恋人
白い雌猫。彼女との出会いがトムを変えてしまった。
ジェリーの恋人
白い雌ネズミ。ジェリーのガールフレンドであるが、詳細や経緯は一切不明だが別のネズミと結婚してしまった。
別のネズミ
ジェリーの彼女と結婚してしまった。帽子を被っている以外はニブルスに似ている。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列及び他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録。

映像との比較[編集]

関連項目[編集]