恋のとりこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

恋のとりこ』(Smitten Kitten、1952年4月12日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

監督 ウィリアム・ハンナ ジョセフ・バーベラ
製作総括 フレッド・クインビー 
作画 ケネス・ミューズ
音楽 スコット・ブラッドリー

内容[編集]

ある日、トムはジェリーに尻尾を切絵の如く切られるという悪戯をされ、ジェリーを捕まえてやり返そうとする。しかし、その前方には読書をする雌猫トゥードルの姿が。トムは早速一目惚れをし、まさに「恋のとりこ」になってしまう。

その様子を不愉快そうに見ていたジェリーの前に、緑色の小悪魔のジェリーが姿を現す。小悪魔のジェリーはトムが恋をしたことで自分が酷い目に合わされたことを「海のバカンス」「トムのガールフレンド」「西部の伊達ねずみ」「恋ははかなく」に基づいて語りだす。

すべてを語り終えた後、トムの恋路を邪魔するようにジェリーに言い、マッチとダイナマイトと針を渡す。ジェリーは嫌々トムの邪魔をしにいくが、途中にいた雌ねずみに「恋のとりこ」となってしまう。そして、ジェリーに裏切られ女に対して「かわい子ちゃんのせいで作戦がメチャクチャだ」などと愚痴を吐いていた小悪魔ジェリーもまた、途中にいた雌の小悪魔を見て「かわい子ちゃんも悪くない」と開き直り惚れた。

関連項目[編集]