親切なトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

親切なトム』(Puppy Tale、1954年1月23日)はトムとジェリーの作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

静かな夜、ジェリーは外に牛乳瓶を置いていた所、一台の車が走ってきて川にあるものを投げ捨てたのを目撃する。

何とそれは六匹の子犬だった。家に帰ろうとするジェリーだったが、一匹の尻に丸い模様のある子犬が後をついてくるのだった。かわいそうに思ったジェリーは家の中へ子犬を連れて行こうと思ったがそこには子犬は大きすぎて入れないためトムの家の玄関から入ることにした。

ベッドの中でトムは寝ていた。しかし、子犬は家に入るなりトムのミルクをしつこく飲み始め、おまけにトムの安眠を妨害する始末。怒ったトムはジェリーと子犬を家の外に追い出す。

気を取り直してトムは眠りにつこうとした。だがそのとたんに外から落雷の音がして大雨が降り出す。それと同時にトムの脳裏には土砂降りの中、川に溺れて流されていくジェリーと子犬の姿が。

不安になったトムは暗闇の中、口笛を途切れ途切れに吹きながらジェリー達を探すのであった。そんな中トムは暗闇の中誤って川に落ちて溺れてしまう。

その頃ジェリーと子犬は川で溺れているトムを発見し救出し家に戻る。その後ジェリー達の看病もあり目を覚ましたトムは子犬のためのベッドとミルクを持ってきた。子犬を家に置くことを許したようである。大喜びの子犬は残り五匹の子犬を家の中に呼び込み、子犬たちはミルクを飲み始める。トムは微笑ましそうに子犬たちを見つめるのであった。

関連項目[編集]