トムさんと悪友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トムさんと悪友』(Sleepy-Time Tom、1951年5月26日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

悪友のブッチら野良猫達と一晩中パーティーをしたトムは、ヘロヘロになって家へと戻ってきた。家ではお手伝いさんがカンカン。

「トム!お前の代わりにあたしが一晩中冷蔵庫の番をしてやったんだ!今度はお前が冷蔵庫の番をするんだよ!もし眠ろうものなら、この家から叩き出してやる!」

それを聞きつけたジェリーは、あの手この手でトムを眠らせようとする。しかしトム自身も眠くてたまらない。ジェリーに食パンの枕を勧められれば一瞬でを立て、ジェリーを追って転べば瞬間的に寝入る。そのたびに鼾を聞きつけて駆けつけるお手伝いさんに、「トム!お前、寝てなかったろうね!」と怒鳴り散らされる。

何とか眠らないよう努力するトムだが、まぶたにつっかい棒をしても、テープを張り付けても、腹がダブダブになるほどコーヒーを飲んでも効果がない。そこでトムはまぶたに目玉を描きつけ、起きているようにごまかすことにした。その姿で眠るトムをお手伝いさんも見破られず、「ちゃんとやっているね」と褒める。

面白くないジェリーは、トムの尻の毛を剥いで無理やり起こす。怒るトムはジェリーを追うが、その先には「ステキなベッド、あります」との看板。もちろん、これもジェリーの作戦だった。ジェリーが描きつけた行き先表示の先には、気持ちのよさそうなベッド。トムは大喜びで潜り込み、寝息を立て始める。しかしそれはお手伝いさんの寝床だったものだから…。

哀れとトムは家を叩き出される。しかしそれでも、路上のレンガを枕に眠りこける。そこへまた悪友三人組が通りがかった。彼らは眠り込むトムを引き入れて、再び夜の街へと繰り出していくのであった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

関連項目[編集]