トム君空を飛ぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トム君空を飛ぶ』(The Flying Cat、1952年1月12日)はトムとジェリーの短編作品の一つ。

スタッフ[編集]

概要[編集]

トムは籠の中にいるカナリアを狙っていた。しかし、危うくジェリーがトムの足を引っ掛けカナリアを助け、ジェリーとカナリアは庭の真ん中の、高い柱の先にある鳥小屋に逃げ込む。

高い場所の2匹を捕まえようとするトムだったが、ジェリーとカナリアの反撃に苦戦。棒高跳びの要領で近づくも、勢いあまって家の二階の窓に飛び込んでしまい、2階を突き破って反対側の窓からコルセットに引っかかりながら墜落してしまう。

地面に墜落したトムは、偶然、破れたコルセットを自分の両腕と足に装着すると鳥のように空を飛べることを発見する。

空を飛び、巣箱の中のカナリアとジェリーを捕まえることにしたトム。空飛ぶ猫に驚いた2匹は大慌てで逃げ出す。

空飛ぶ追いかけっこをするうちに線路に差し掛かった。そこへ偶然電車が通りかかりトムは電車に激突してしまう。ジェリーとカナリアは電車の後ろに乗って互いの友情を深め合うのであった。

関連項目[編集]