武士道修行は楽じゃない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武士道修行は楽じゃない』(Tom and Chérie、1955年9月10日)はトムとジェリーの作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

舞台は王朝時代のフランス。ネズミ銃士隊長のジェリーは、美しい雌ネズミ・リリーに恋焦がれていた。そしてウットリした面持ちでラブレターをしたためると、それを見習い銃士のニブルスに託す。しかしニブルスが一歩穴倉から出ると、そこで待ち構えていたネコ銃士のトムが決闘を申し込んでくる。恐れを成して穴倉に戻ったニブルスだが、銃士としての心構えを楯に使いを押し付けるジェリーは、無理やり戸外にニブルスを追い出してしまう。

圧倒的な体格差で迫るトムを出し抜き、何とかリリーの元にたどり着いたニブルス。ラブレターに目を通したリリーはケラケラ笑いながら返事を書く。ニブルスは帰り道もまたトムに襲われ、コテンパンにされてしまう。ニブルスの苦労などつゆ知らず、返事に喜んだジェリーは再度ラブレターを書き、託されたニブルスは外に出るや決闘を申し込まれ・・・

何度もボロボロにされながらキューピッド役を務めるニブルスだが、結局ジェリーはふられてしまった。しかしジェリーは性懲りもなく、別の雌ネズミにラブレターをしたためる。またしても手紙を託されたニブルスが外へ出ると、例の如くトムが決闘を申し込んでくる。

ニブルスはそんなトムに、「もうウンザリだ!」と言い残して去っていくのだった。

備考[編集]

この作品では、ジェリーは部下の心を考えない悪者として描かれている。

原題の"Tom and Chérie""Chérie"はフランス語で「かわいいあの子」の意味であり、ジェリーの名前に引っ掛けただけでなく、ジェリーが色惚けしている有様を如実に表した表現となっている。
本作と『武士道はつらい』の二作は邦題で共に「武士道」が含まれているが、原題ではそれに相当する西洋の「騎士道(Chivalry)」相当の単語がどちらも使用されていない。また、本作に登場するジェリーの所属組織"Mouseketeer"はこの2作以外には『パーティ荒し』に登場する。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系及び他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

関連項目[編集]