ピアノ・コンサート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピアノ・コンサート
The Cat Concerto
監督 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
脚本 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
製作 アーヴ・スペンス
ケネス・ミューズ
エド・バージ
製作総指揮 フレッド・クインビー
音楽 スコット・ブラッドリー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1947年4月26日
上映時間 7分13秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ピアノ・コンサート』(The Cat Concerto, 1947年4月26日(制作は1946年)(劇場公開時 「猫の演奏会」))は、トムとジェリーの作品のひとつ。第19回アカデミー賞短編アニメ賞受賞作品。

作品内容[編集]

大勢の観客の中でトムがピアニストを務めるコンサートが始まろうとしていた。曲目はリストハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調

トムが演奏するグランドピアノの中には、実はジェリーの家があった。ピアノ内のハンマー(なぜか弦の上に付いている)を寝床として眠っていたジェリーは演奏中にあばれるように動き出すハンマーに起こされ、弦のすき間に放り出されてしまう。

そこで演奏中のトムへからかいに出たジェリーは、トムにデコピンされ、その後も再びひどい目に合わされ続けてしまう。そこから、ひどい仕打ちをかけてくるトムに怒ったジェリーは仕返しを企むが、それにトムも負けじと必死に演奏を続け、ついにはボロボロになってトムはその場で倒れてしまう。

トムに勝ったジェリーは観客から拍手喝さいを浴びていた。

スタッフ[編集]

特記事項[編集]

  • 本作品はトムの弾く鍵盤が現行の音楽の譜面と一致しており[注 1]、映像と音楽が調和した完成度の特に高い作品として高く評価されている。
  • ハンガリー狂詩曲第2番は調の同じ編曲版を元にピアノ協奏曲(Piano Concerto)形式で演奏。1950年の「星空の音楽会」ではタイトル部で同じくリスト作曲の交響詩『前奏曲』が演奏されている。
  • 途中ジェリーが曲を変えてしまう場面がある。その曲とは1946年のミュージカル映画「The Harvey Girls」(ジョージ・シドニー監督・ジュディ・ガーランド主演、日本では劇場未公開かつ未ソフト化)でアカデミー主題歌賞を受賞した「On the Atchison, Topeka and the Santa Fe(サンタフェ特急)」(ハリー・ウォーレン作曲)である。
  • ワーナー・ブラザース製作のバッグス・バニーが登場するアニメーション「メリー・メロディーズ」の作品中に「ラビット狂騒曲」(監督:フリッツ・フレレング)という本作品に類似した作品(同じ曲を使用)が存在する。この作品ではトムにあたる役がバッグス・バニーに、ジェリーにあたる役が無名のネズミになっている。この作品の封切り日は1946年11月9日で同時期に制作され、第19回アカデミー賞授賞式でも共に上映されたため、後にMGMとワーナーの双方が盗作を訴える問題が起こった。これに関しては、双方の作品の現像を行ったテクニカラー社が関与したとする説もあるが、真相は現在でも不透明のままである。なお「トムとジェリー」の現在の権利者であるターナー・エンタテインメントはタイム・ワーナーのグループ企業である。
  • トムもジェリーも出演しなかった映画『ロジャー・ラビット』ではダフィー・ダックドナルド・ダックがピアノ2台でハンガリー狂詩曲第2番を演奏。シーンは短いがこちらもドタバタの競演である。
  • 世界的に有名なピアニストである郎朗(ラン・ラン)は、幼い頃に見たこの作品がピアノを始めるきっかけとなった。
  • 本作のTVにおける日本公開時の題名には「アカデミー賞」の冠題が付いている。また、ナレーターによる冠題の由来の説明が冒頭にある。

関連項目[編集]

  • 柔道一直線 - 本作のトム同様、ピアノを足で弾くキャラクター(結城真吾=テレビドラマ版における演者:近藤正臣)が登場する。
  • 錨を上げて (映画) - ハンガリー狂詩曲を弾く場面が登場。トムとジェリーもこの映画に出演。
  • Dr.スランプ アラレちゃん - 第197話「アラレのすぅぱーピアニスト」にピアノの中に住むコオロギ2匹がジェリーのように各自2本のバチを持って競奏するシーンがある。

脚注[編集]

[編集]

  1. ^ ただし若干キーが変更されている箇所はある

出典[編集]

外部リンク[編集]