悪魔のささやき (トムとジェリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

悪魔のささやき (Sufferin' Cats、1943年1月16日)はトムとジェリーの短編作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ジェリーは尾に釣り糸をつけられ吊り下げられ、家の中でトムに弄ばれていた。ジェリーは隙を見て逃げ出すが、そこにはトムの悪友がいた。こうして3匹でドタバタをしているうちに捕まってしまう。トムと悪友は、ジェリーを半分ずつに分断して食べようと話し合う。そしてでジェリーを半分に断ち切ろうという時に、悪魔が出てきてささやく。

その斧をそいつの頭めがけて振り下ろせ。そうすればすべてあのネズミはお前のものだ。さあ早く。

こうおだてられて、実行したトム。しかし振り下ろそうとした瞬間、斧の刃が柄から抜け落ちてしまい、思い切り柄でぶたれた悪友の頭にはたんこぶが。 これが原因で大喧嘩になり、騒ぎの中2匹ともドアに衝突し、頭と手と足が戸板を突き抜けてしまって身動きが取れない。 そんな2匹は、板を持ったジェリーによって尻を打ち据えられるのであった。

その他[編集]

本作に登場する、茶色い毛並みに赤い髪を生やしたトムの悪友の名前は一部の翻訳ではフランキーと呼ばれていた。
フランキーは『トムとジェリーショー』にも登場しており、こちらはミートヘア(意味は肉の髪)という名前となっている。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録。

関連項目[編集]