捨てネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

捨てネズミ(The Milky Waif、1946年5月18日)』はトムとジェリーの作品の一つ。ニブルスの初登場話である。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ジェリーが目を覚ますと、家の玄関の前にネズミの子(後のニブルス)が捨てられていた。ネズミの子はとても腹をすかせた様子だった。可愛そうに思ったジェリーはトムのミルクを貰いにいくがトムは一滴も渡したくない様子。トムvsジェリー+ネズミの子のミルクを巡った戦いが繰り広げられる。そのうちにトムはネズミの子を追い詰め、ネズミの子のお尻をハエ叩きでぶってしまう。トムのこの仕打ちに怒りが爆発したジェリーは今までにない力でトムのしっぽをつかみ、ぶちのめしてしまう。こうしてジェリーに完膚なきまでに叩きのめされたトムは降参して、ネズミの子に献身的にミルクを与えるのであった。

ジェリーとネズミの子が黒人に変装してトムから逃れる場面はDVDではカットされている。

関連項目[編集]