素敵なおさがり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

素敵なおさがりThe Zoot Cat1944年2月26日公開)は、トムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

  • 監督 - ビル・ハンナジョセフ・バーベラ 
  • 製作 - フレッド・クインビー(初公開版ではクレジット無し)
  • 共同製作 - ウィリアム・ハンナ(クレジット無し)
  • 脚本 - ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ(クレジット無し)
  • 原画 - ケネス・ミューズ(初公開版では、ケン・ハリス名義)、ピーター・バーネス、レイ・パターソン、アーヴン・スペンス
  • アシスタント・アニメーター - バーニー・ポスナー(クレジット無し)
  • 音楽 - スコット・ブラッドリー

作品内容[編集]

気取った恰好で雌猫トゥードルの家に遊びに行くトム。ジェリーをプレゼントしギター演奏で彼女を口説きにかかるが「ダサい」とあっさり断られてしまう。

彼女に振られジェリーにもからかわれ気分の悪いトムだったが、その時ラジオから話が聞こえてきた。

「ああ、あなたはなんてダサいんでしょう。」あなたは今まで何度そう言われましたか? そんなあなたに提案です。ズートスーツ(ハットと通常のスーツよりも丈が大きいジャケットとズボンから成る衣装。DVD吹き替え版では「肩パット入りくるぶしまでのロングジャケット、あごからずーっと下まで落ちるズボン」と説明されている)でバッチリ決めてクールになりましょう!!

トムはさっそく電気スタンドのカバーを帽子に、ハンモックの生地をズートスーツに仕立てて再びトゥードルの家に出向く。ズートスーツを着たトムにトゥードルはすっかりメロメロ。トムとトゥードルのダンスパーティが始まるが、そこへジェリーも乱入しいつものドタバタ劇が始まる。

ジェリーが仕掛けたバナナの皮を踏んで滑ったトムはピアノに衝突するが、これを逆手にとってトムはピアノを弾きつつトゥードルを口説き始める。「俺の心は燃えている。小さい火花なんかじゃない。本物の炎だ。今、感じるぜ。燃えている・・・」と、そこで本当にものが燃えている時に起こる煙たさにトムが気づく。口説きに夢中になっているトムの隙をついて、ジェリーがトムの足をマッチで燃やしていたのだ。

口説きを邪魔されたトムは怒り心頭になるが、ジェリーの悪戯もエスカレートし、肩パットに使っているハンガーにブラインドの紐を引っかけてしまう。ジェリーを追うトムは引っかかっているブラインドで後ろに引き込まれそうになる。机に掴まりこらえるトムだが、ジェリーに塵取りで指を叩かれた事で手を離してしまい、ブラインドに巻き込まれ、その拍子に水の入った金魚鉢に体を突っ込んでしまう。すると水でトムのズートスーツは縮み、脱げてしまう。そして、その縮んだスーツはジェリーにピッタリのサイズとなり、それを着こなすジェリーだった。