台所戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台所戦争
The Little Orphan
監督 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
脚本 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
製作 アーヴ・スペンス
ケネス・ミューズ
エド・バージ
レイ・パターソン
製作総指揮 フレッド・クインビー
音楽 スコット・ブラッドリー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年4月30日
上映時間 7分52秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

台所戦争』(The Little Orphan、1949年4月30日)は、トムとジェリーの作品の一つ。1948年アカデミー短編アニメ賞受賞作品。1957年に『Feedin' the Kiddie』としてリメイクされる。

作品内容[編集]

今日は感謝祭。ジェリーが仕掛けられたネズミ捕りからチーズをつまみつつ新聞を読んでいると、呼び鈴が鳴る。現れたのは、孤児院からやってきたニブルスだった。孤児院からの手紙によるとニブルスは「いつもお腹をすかせている」らしい。まずジェリーはと同じく、トムのミルクをニブルスに失敬させるが、目を覚ましたトムに見つかってしまう。丁度その時、お手伝いさんはテーブルの上に感謝祭のご馳走を用意していた。大喜びの二匹は早速ごちそうに手を付け始める。ニブルスは異常な食欲で次々とご馳走を食いつくし、蝋燭など食べられない物までもかじり始め、アクシデントを起こしてはジェリーをハラハラさせる。

そんな中、テーブル上のドタバタで吹っ飛んだオレンジが当たり、トムは目を覚ましてしまう。テーブルの上を見上げた彼はピルグリム・ファーザーズの格好をしてごちそうを食べ歩く2匹のネズミを発見。早速、羽根ハタキを被ってインディアンに扮し、トムvsジェリー&ニブルスのテーブルの上での戦いが繰り広げられる。

ついにジェリーを捕え、狂喜の雄叫びを挙げるトム。しかしニブルスの活躍によりコテンパンにやられ、結局降伏してしまう。仲直りした3匹は、食前に感謝の祈りをささげる。そして、ローストターキーを皆で味わおうとしたトムとジェリーだったが、ニブルスが一足先に全てペロリとたいらげてしまうのだった。

スタッフ[編集]

補足[編集]

  • 作中トムがロウソクで黒こげになるシーンがあるが、現在発売されているDVDでは黒人問題の影響でトムのしっぽにロウソクが溶け込む途中で終わっている。また、シャンパンの瓶に追いかけられるシーンもカットされている。
  • 後にシネマスコープにて「Feedin' the Kiddie」(日本未公開)の題でリメイクされる。ちなみにトムが黒こげになるシーンはカットされている。

外部リンク[編集]