いたずらきつつき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

いたずらきつつき』(Hatch Up Your Troubles、1949年5月14日)はトムとジェリーの作品のひとつである。1949年アカデミー短編アニメ賞ノミネート作品。1956年にThe Egg and Jerryとしてリメイクされた。なお、日本での放送時に『ジェリーとたまご』の題名で放送された事がある[要出典](当時子供たちの悪戯がエスカレートして、悪戯が社会悪的に取られていた為である)。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

庭の木にキツツキの巣があった。だがキツツキの母親が出かけた隙にキツツキの卵が巣から転がり落ち、最後にはジェリーの寝床まで転がりつき、キツツキの子が孵化する。 
キツツキの子は刷り込みでジェリーを「ママ」と信じ、呼び懐き始める。だがキツツキの子はジェリーの家の家具を次々とクチバシで削り粉々に。
ジェリーに追い出され庭をトボトボ歩いていたキツツキの子はトムの座っている椅子の足を粉々にする。怒ったトムはキツツキを追い掛け回すがジェリーがそれを阻止し始め、追いかけっこに発展。キツツキの子は三角関数でトムとの間合いを計算し、正確な長さで電柱を切り倒し、トムの脳天に直撃させる。
そしてキツツキの母親が姿を現す。キツツキの子は結局本当の「ママ」の胸に飛びつく。寂しく思ったジェリーだったがキツツキの子はジェリーにキスをする。元気を出したジェリーは「またね」と言う。

関連項目[編集]