ジェリーの日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェリーの日記(ジェリーのにっき、Jerry's Diary)は、1949年10月22日に公開された『トムとジェリー』シリーズの短編映画作品。

スタッフ[編集]

概要[編集]

トムが勝利する数少ない作品の一つ。

いつものように、ジェリーをつかまえてやろうと画策するトム。壁の穴の周りにありったけの罠を仕掛け、ジェリーを待ち伏せる。だが、ラジオから「今週は動物愛護週間」と流れてくるのを聞いたトムは改心する。そして罠を片付け、ジェリーにパイをプレゼントすることにした。 しかし、壁をノックしても一向にジェリーは出てこない。おかしく思ったトムはジェリーの巣穴をのぞいてみると、どうやら不在のようだった。ジェリーの机にはジェリーの日記が置いてあった。そのうちにジェリーの日記を見つけたトムは、それを読んで待つ事にした。

日記に書かれていた内容は、どれもこれもトムにとっては黒歴史であり、『目茶苦茶ゴルフ』・『ネズミ取り必勝法』・『恋ははかなく』・『勝利は我に』で自分が散々な目に遭った事を思い出したトムは、日記を読み進むごとにプレゼントを蹴散らし、挙げ句の果てにはジェリーの日記を粉々に引き裂いてしまう。

そこへジェリーが帰ってきた。最初の動物愛護の精神はどこへやら、怒り狂ったトムはプレゼントするはずだったパイを、ジェリーに投げつける。パイまみれになったジェリーは、訳が解らず首をかしげるばかりだった。

備考[編集]

本作は初めて過去作品の1シーンが回想で使用された作品であり、以降も『恋のとりこ』・『トム氏の優雅な生活』・『映画大会』など、過去の作品を流用している作品が幾つか作られている。

関連項目[編集]