止まらないシャックリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

止まらないシャックリHic-cup Pup 1954年4月17日公開)は、トムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

スパイクの息子タイクは昼寝をしようとしていた。しかしその矢先ジェリーを追いかけるトムはタイクを起こしてしまい、起こされたタイクはシャックリをし始める。スパイクは激怒し「今度起こしたらただじゃおかねえぞ!」と注意する。

ジェリーはそれに付け込み、スパイクとタイクの前でトムに大きな音を立てさせようといろいろと悪戯を働く。トムはそれを阻止しようとし、スパイクやタイクを巻き込んでのドタバタ劇に発展する。

タイクのベッドに逃げ込んだジェリーを追うトムは、勢いでベッドを荒らしタイクを起こしてしまう。飛んできたスパイクに対しタイクの口を押さえ誤魔化そうとするトムだったが、シャックリがばれその場を一目散に逃げ出す。スパイクはタイクに水を飲ませたり大きな音を出して脅かすなどしてシャックリを止めようとするが、シャックリは治まる様子を見せず、それどころかスパイクにシャックリがうつってしまう。

一方、ジェリーを追うトムは雨樋をよじ登ろうとするがスパイク、タイクの目の前に落ちてしまう。スパイクの制裁を恐れるあまりトムは穴を掘り出し自ら地面に隠れるが、転落した時のショックで、逆にスパイクとタイクのシャックリが止まっていた。これにスパイクは大喜びし、トムに対して「ありがとう、これもキミのおかげだ、これからはお前が何をやったって気にしねえぜ」とトムに感謝する。珍しくスパイクに褒められたトムは、きょとんとしていた。

それを聞いたジェリーはトムに降参し、「健康のため南部へ下る」と書置きを残し逃げて行ってしまう。

本作はジェリーが敗北に終わる数少ない作品の一つである。