淋しがりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

淋しがりや』(さびしがりや、原題:The Lonesome Mouse、1943年5月22日)は『トムとジェリー』の作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

昼寝をしていたトムにジェリーは花瓶を上から落としてイタズラする。だがそれがお手伝いさんに見つかってしまい、トムは家の外へつまみ出されてしまう。トムがいなくなってジェリーは大喜び。…のはずだったが夜になると窓の外のトムをみつめてしまう。いつも意地悪するはずのトムが恋しくなったのだ。

そのうちにジェリーはある作戦を思いつく。そして外へかけだしてトムに作戦内容を伝え、その作戦はお手伝いさんの前で実行されることになった。その作戦とはトムがジェリーを捕まえるというお芝居だった。なんとか芝居は成功し、お手伝いさんに褒められトムご褒美のしるしとしてお手伝いさんからパイをもらう。そこへジェリーが現れて、パイをもらおうとするが、トムはひとり占めする。怒ったジェリーはトムを蹴飛ばし、蹴飛ばされたトムは気絶して顔がパイの中に沈んでしまう。それからジェリーはトムの悪口を言いながら去っていった。

普段はあまり喋らないトムとジェリーだが、今回はかなり流暢に喋っている。

関連項目[編集]