夢と消えたバカンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夢と消えたバカンス』(Cruise Cat、1952年10月18日)はトムとジェリーの作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ハワイホノルル行きの豪華客船が舞台の作品。トムは同船の監視員で、出航の際船長から「この船の安全はお前の監視にかかっている。もしネズミが一匹でも見つかったら、お前を別の監視員と交代させる!」との特命を受けた。そこへジェリーが『タフア・フアイ』をウクレレで演奏しながら登場、船に乗り込もうとするが、トムの妨害によりなかなか乗船することができない。

ジェリーはトムの妨害をかわし何とか乗船できたが、当然の如く船上で両者による追いつ追われつの争いが展開される。その最中、船内の映画館では『トムとジェリー・西部の伊達ねずみ(Texas TOM)』が公開されており、両者は争いを小休止して映画に見入っていた。しかしジェリーがトムにコケにされている場面でトムが大爆笑、逆にトムがジェリーにコケにされた場面ではジェリーが大爆笑し、最後にトムが激怒してジェリーを空中高く船外へ放り投げてしまう。

船内の食堂。食事の前にトムは船長から「お前のおかげでネズミは一匹たりとも現れなかったよ」と労いとお礼の言葉をかけられる。ところがテーブルに届けられた食器の中からは『タフア・フアイ』のメロディー。船長が蓋を開けると、そこには食材を食べ尽くし、満腹状態となったジェリーが…。

一転して船内の“監獄”に入れられたトム。小さなガラス窓を開け外をのぞくとトムをあざ笑うかの如くウクレレを弾きながらサーフィンするジェリーの姿がその水しぶきと共にトムの目に入った。そして眼下にはホノルルの街が…。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

関連項目[編集]