天国と地獄 (トムとジェリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天国と地獄』(てんごくとじごく、Heavenly Puss)はトムとジェリーの短編作品の一つ。1949年7月9日公開。


スタッフ[編集]

作品内容[編集]

いつものようにトムとジェリーは追いかけっこをしていた。だがその最中にトムは階上から階段を滑り落ちてきたピアノに挟まれて死んでしまう。

トムの魂はエスカレーターに運ばれ、雲の上まで昇っていった。すると、そこには天国行特急の乗り場があった。トムが振り向くと、そこには悪友・ブッチ(死因はブルドックと喧嘩)、フランキー(部屋で歌の練習をしていたらアイロンが頭上に落ちて死亡)、アグイシャス(死因はロードローラーに轢かれ死亡)、フラフ・マフ・パフ(死因は3匹とも川に捨てられていた)など、様々なネコが死因を駅長に話し、合格してもらったことで天国行き特急に乗っていく姿があった。トムは駅長の目を誤魔化して特急に乗ろうとするが、見つかってしまい、駅長に「罪のないネズミを虐めて一生を費やした」として、制限時間1時間で、そのネズミ(ジェリー)に今までの虐めをすべて許してもらう契約をしない限り天国には行かせられないと名乗られる。もしダメならば地獄行きであり、地獄の番人・スパイクがいた。元の場所に戻ったトムはすぐさまジェリーに契約書を書いてもらおうとするがうまくいかない。トムは自分でジェリーの名前を書いてジェリーに許しをもらったと言うことにするがそれはズルだと駅長に言われる。そこで、トムは契約書とチーズを交換条件にするが、ジェリーはあっさり断り、契約書をビリビリに破ってしまう。怒ったトムはジェリーを殴ろうとするが、もし殴ったらすぐ地獄送りにされてしまう。それだけは嫌だとトムは心の中で叫び、破れた契約書を直すとジェリーに書くように訴える。最初は乗り気のなかったジェリーだが、仕方なく書くことに。トムは契約書を書いてもらうとすぐさまにエスカレーターに登ろうとしたが、すでに時間が来てしまいタッチで地獄に落とされ、スパイクに釜茹でにされてしまう。トムは必死になってもがくが、トムは暖炉の火花によって目をさます。なんトムは部屋で寝ていた。今までのことは夢なのか駅長の許しなのかは不明だった。それでもトムは生きていたことに喜び、ジェリーに抱きついた。ジェリーは訳も分からず首をかしげるばかりだった。

備考[編集]

  • この回では、トムの悪友.ブッチも死亡している。(原因はブルドッグとの喧嘩)。
  • スパイクが地獄の釜茹での番人役として登場している(毛の色が赤く顔つきも暴虐さを増しており、かなり別人化している)。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列及び他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録。

関連事項[編集]