透明ネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

透明ネズミ』(原題:The Invisible Mouse、1947年9月27日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ジェリーはいつものようにトムに追いかけられていたが、不意に「色消しインク」(Invisible Ink。本来は不可視インク(いわゆる「消えるインク」のこと))の瓶の中に入ってしまう。

ジェリーはインクの外へ出たとたんに自分の下半身が見えなくなったことに気が付く。すっかり味を占めたジェリーは体中にインクを付け、いわば透明ネズミになってしまう。

一方、トムはチーズを仕掛けてジェリーを待ち伏せしていた。ジェリーは自分の姿が見えないのをいいことにトムに悪戯を山ほど仕掛ける。

ところが透明の体になっても電灯による影は映ってしまい、それがきっかけでトムに正体がばれてしまう。トムはさらに粉をばらまき、ジェリーが逃げると足跡が残るように仕向け、ついにカーテンでジェリーを捕まえる。トムは本でジェリーをしばきあげようとするが、わずかな隙間からジェリーは逃げ出し、逆にジェリーが逃げ出しているとは知らず本で叩き続けるトムをゴルフクラブで殴り、挙句、外で眠っていたスパイクをゴルフクラブで叩き落してトムにその罪を着せる。トムは殴った覚えも無いのにスパイクに追い回される羽目に。

悪戯を楽しんで大満足のジェリーはチョコレートドリンクを飲み干すと体の色がみるみる元に戻っていくのだった。

関連項目[編集]