武士道はつらい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武士道はつらい』(Touché,Pussy Cat!、1954年12月18日)はトムとジェリーの作品のひとつ。1954年アカデミー賞ノミネート作品。 

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ニブルスは、父のフランソワの友人であり、パリの国王警備隊(Mouseketeer:銃士隊(Musketeer)のパロディ)の隊長であるジェリーの元へ向かっていた。目的はニブルスの騎士修行であった。

早速、ニブルスの剣の腕を試すことにしたジェリー。だが、ニブルスはまったく剣の腕がなっていなく、おまけに家の中をめちゃくちゃにしてしまう始末。

散歩に出た二人。だが運悪くトムに出会ってしまう。真っ先に勝負を求めたニブルスはすぐにやられてしまうが、ジェリーのおかげでなんとか逃げ切る。

ニブルスには騎士の素質なしと見限り、田舎に帰すことにしたジェリー。田舎へ帰ろうとしたニブルスだったが、振り返るとトムとジェリーが決闘していた。が、ジェリーは苦戦している様子。ニブルスは田舎へは帰らず、ジェリーを助けようとする。ジェリーを助けるためニブルスはふいにトムのシッポを剣で切ってしまいトムはあまりの痛さに飛び上がる。そしてニブルスは散々トムをからかい、挙句の果てにはワインの樽を切って「洪水」を起こし、トムをドブに流し込んでしまう。

大活躍をしたニブルスをジェリーは警備隊の仲間にすることにした。しかし、勢い余ってジェリーのお尻に剣を突き刺してしまい、ジェリーにお尻ぺんぺんされるニブルスだった。  

「Touché,Pussy Cat」の直訳は「1本あり、猫ちゃん」。日本語では「どうだ、参ったか!」と吹き替えられている。
この「Mouseketeer」という組織は後に『武士道修行も楽じゃない』や『パーティ荒し』といった作品でも登場する。ただし、邦題で「武士道」が題名に付く2作には原題に対応する西洋の「騎士道(Chivalry)」にまつわる単語が一つもない共通点がある。

関連項目[編集]