土曜の夜は

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土曜の夜は』(どようのよるは、Saturday Evening Puss、1950年1月14日)はトムとジェリーの作品のひとつ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

土曜の夜、お手伝いさんはおめかしをして街へと出かけていった。 家の中には誰もいない。大喜びのトムは3匹の悪友(黒猫のブッチ、赤毛のジョー、灰色の子猫)を家の中へ呼び込み、ジャズパーティを始める。レコードを大量にかけ、ピアノを弾き、ワイングラスをいくつも並べてマリンバのように打ち鳴らす。トムは彼らにサンドイッチパイなどのご馳走を用意する。

一方、ジェリーはベッドに入って眠ろうとしていたが、壁の外のらんちき騒ぎのおかげで眠るどころではない。その間ジェリーの顔は音楽に合わせてシンバルなど楽器の形になって音楽に合わせて動いていた。たまりかねてトム達に抗議しに行くが、例のごとくからかわれ、レコードの針が入った穴に落とされてしまう。ここでまた、ジェリーとトム、そして野良猫3匹によるドタバタが始まる。結局ジェリーは捕らえられ、ブラインドの紐でぐるぐる巻きにされてしまう。

最後の手段でジェリーは、縛られたままで電話まで這いより、鼻でダイヤルを回す。電話をかけた先は、「オールナイトでトランプを楽しむ協会」〔旧版。現在のDVDは「ラッキーセブンサタデーナイトブリッジクラブ」〕つまりお手伝いさんの出かけ先だった。トムたちがパーティで騒動を起こしている事を知ったお手伝いさんは激怒し、猛スピードで夜の街を疾走するや家へ飛び込む。

もちろんトムたちのパーティは中断。家の屋根が吹き飛ぶほどのドタバタとおしおきの末、トムと悪友3匹は屋外に殴り飛ばされ、トーテムポールの如く壁に叩きつけられてしまった。

ひと騒動が済んだ後、お手伝いさんはトムに土曜日を台無しにされたことをグチりながら、レコードをかけて落ち着こうとする。やっと安心して眠れると思ったジェリーだったが、レコードは先ほどまでトムたちがかけていたうるさいジャズであった。これではトムたちが居ても居なくても変わらずにウンザリ顔のジェリーだった。

備考[編集]

海外版及びヘラルド・ポニー版では、お手伝いさんの代わりに白人女性が登場するバージョンもある。

また、お手伝いさんが家に帰るシーンで顔が一瞬映っている。

本作に登場した、悪友のうち・ゴミ箱の蓋を被った子猫は『やんちゃな生徒』にも登場したが、こちらはジェリーと仲良しという設定。

関連項目[編集]