ブルさんのピクニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルさんのピクニック』(Pup on a Picnic、1955年4月30日)はトムとジェリーの作品のひとつ。シネマスコープの作品だが、標準サイズの4:3バージョンも存在する。


スタッフ[編集]

作品内容[編集]

とある春の日、ブルドッグのスパイク(ブルさん)は愛息のタイクを連れてのピクニックに出かける準備をしていた。そこへトムとジェリーが追っかけっこをしながら登場、ジェリーが食材の入ったバスケットに隠れるとトムがそれを漁り出した。当然の事ながらスパイクは大激怒、トムはスパイクにしばき上げられてしまった。スパイクはご機嫌斜めのまま、タイクに慰められつつもピクニックに出発した。目的の場所に到着したスパイクとタイクは敷物を敷いて昼食をとることにした。しかしここでもトムとジェリー、更にスパイクをも巻き込んでの追っかけっこが…。
スパイク親子がリンゴの木陰で昼寝をしている隙に、トムはその木に登って釣り竿を用いてジェリー捕獲作戦を実行することにした。釣り針をジェリーの隠れているバスケットに差し掛けるが、ジェリーが上手くかわすために釣り針にかかるのは食材ばかり。やがてそこにの大群が行進曲にのせて登場、リーダー格がバスケットを発見すると進軍ラッパを鳴らし突撃開始。トムのいる木に登ると行進の振動で枝が共鳴を起こし多数のリンゴの実が落下、スパイク親子もその衝撃で目を覚ましてしまった。トムを再度しばき上げようとするスパイク。しかし眼前には強奪した食材を運びながら去って行く蟻の大群と、その一部の食パンの上に乗り「ざまあみろ」と言わんばかりの笑顔で手を振るジェリーの姿が…。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録されている。

映像との比較[編集]

関連項目[編集]