ジェリーとジャンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジェリーとジャンボ(ジェリーとジャンボ、Jerry and Jumbo)は、1953年2月21日に公開された『トムとジェリー』シリーズの短編映画作品。

スタッフ[編集]

概要[編集]

真夜中に走っていたサーカスの汽車。子ゾウのジャンボは母親と眠っていたところ、汽車から転げ落ちてしまう。そして転がった末に、トムの家へと入り込む。

一方、眠りにつこうとしてベッドに入ったトムは、寝床に違和感を覚える。何とジャンボがベッドの下にいたのだ。トムを乗せたまま走り出したジャンボは眠るトムを振り落とした挙句、物陰から鼻を使ってトムのミルクを盗み飲みする。

その頃、ジェリーは冷蔵庫からミルク盗み飲みしていた。そこへトムがやってきて、自分のミルクを盗み飲みしたのがジェリーだと疑い、殴りつける。すんでのとこでジャンボは鼻でジェリーを吸い取って救う。それから2匹は意気投合して落花生を盗みにかかるが、それもトムにばれてしまい、物置部屋に追い詰められてしまう。

そこでジェリーはジャンボに自分と同じ色のペンキを塗りつけ、「巨大ネズミ」に化けさせる。何も知らないトムは、ジェリーと巨大ネズミの入れ替わり立ち代りに混乱しドタバタを起こす。そしてやけになって散弾銃を打ちまくる。

そこへ母象が、ジャンボを探してやってくる。そして、ジャンボは母親にペンキを塗りつけ、超巨大ネズミに化けさせた。

ジェリーに巨大ネズミ、そして超巨大ネズミ。混乱するトムはついに発狂し、(旧吹き替え版では、「いやー!お化けだー!」と喚きながら)地平線のかなたへ走り去っていくのだった。

関連項目[編集]