ネズミの学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ネズミの学校』(原題:Little School Mouse、1954年5月29日)はトムとジェリーの作品の一つ。


スタッフ[編集]

作品内容[編集]

「ジェリー・マウスをネコ対策法の第一人者とすることを認める。」と書かれた看板が掲げられた教室にニブルスが座っていた。そこへトムに追いかけられながらジェリーが教壇に登場。

ジェリーは黒板に描かれた絵を指示棒で指しながら「ネコはネズミを捕まえる」、「ネコはネズミを食べる」と教えるとニブルスは泣き出し「ネコはネズミを追いかける」、「ネズミは穴へ逃げる」、「ネコは悔しがる」と教えるとニブルスは声を上げて笑い出した。

早速、「ネコの手マシーン(Cat Pow)」を使い、ネコから逃げる練習をするジェリー達。しかしニブルスがそれでヘマをしてジェリーをペチャンコにしてしまう。気まずいニブルスは、授業終了の看板を立てて脱走しようとするもジェリーにすぐ捕まってしまい、自ら「DUNCE(劣等生)」と書かれた三角帽を被る。 次の課題が出題される。「ネコのひげを抜いてくる」。ジェリーはトムに気がつかれないように首尾よく髭を抜き取るが、ニブルスはトムの体ごとひげを持ってきてしまう。挙句、目を覚ましたトムに追い回されて自分だけで壁の穴に逃げ込み、外に置き去りにされたジェリーはトムにボコボコにされる。

その次の課題は「ネコに気が付かれないようにチーズを盗み出す」。まずジェリーは手本として、眠るトムに気が付かれないように、抜き足差し足でチーズを盗み出す。一方、ニブルスは眠るトムを起こし、寝ぼけ眼のトムにチーズを取ってもらうよう頼む。結果、ニブルスはジェリーが得たのよりもはるかに大きなチーズを手にする。

そして最終課題は「ネコに鈴をつけてこい」というもの。手本としてジェリーは眠るトムの首に鈴を付けにいくが、実は寝たフリをしていただけのトムにコテンパンにされ、首に鈴の紐を巻かれ首長族のような姿になって、命からがら帰ってくる。一方、ニブルスはプレゼント用にラッピングされた鈴入りの箱をトムにプレゼントする。中から出てきた鈴を、トムは大喜びで自ら首に掛けた。

それを見たジェリーはついにうんざりしてしまい、教室に掛けられた看板をゴミ置き場に捨てに行く。そして「ネコとネズミは仲良くする」と教壇で教え込むニブルスの姿があった。机には生徒に格下げされたジェリーと首に鈴を掛けたトムが座り、トムは不機嫌なジェリーに上機嫌でキスをするのであった。

声の出演[編集]

日本語吹き替え。TBS版/新吹き替え版

短編ではニブルスが勇者シリーズ以外で喋る唯一の回である。

余談[編集]

  • 作中でジェリー・ニブルスが被っていた三角帽は「Dunce cap」といい、昔の米国で問題のある生徒に罰として被せたものである。
  • 1948年に製作されたやんちゃな生徒は、内容が当作品と似通っているが配役が逆で、トムが別の子猫にネズミの捕まえ方を教えているところだったのが、子猫がジェリーと仲良くなってしまう。

関連項目[編集]