おかしなアヒルの子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おかしなアヒルの子』(Just Ducky、1953年9月5日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

内容[編集]

池のほとりの巣で、アヒルが卵を温めていた。やがて次々とアヒルの雛が孵り、子アヒルたちは母親アヒルについて水に入り、泳いでいく。ところが、最後に孵ったアヒルの子は、何故か泳ぐことが出来ず沈んでしまう。母親や兄弟たちに置いて行かれてしまい、泣き崩れる子アヒル。

そこへジェリーが通りかかる。事情を知ったジェリーは彼に泳ぎを教えようとする。まずは水に入り、クロールのように手で水を掻いて泳いでみせる。真似して子アヒルは翼で水を掻くが、一向にうまくいかない。仕方なくジェリーは、浮き袋を取りに家へと戻る。一方、自分が泳げないことを悲観した子アヒルは、愚痴を零しながら下を向いて歩く。その先には、空き缶で湯を煮立ててスープを作っているトムがいた。そうとは気付かず下を向いて歩いていた子アヒルは、空き缶の中に落ちてしまう。悲鳴を上げるアヒルと、助けようとするジェリー。こうして、いつものドタバタが始まる。

追いかけっこをしているうちに、トムは池に落ちてしまう。泳げないトムは必死に助けを求める。泳げない子アヒルは知らぬふりを決め込もうとしたが、溺れて沈み行くトムを放っても置けず、池に飛び込む。そしてそのまま必死に翼で水を掻き、無我夢中でトムを救出する。いつのまにか「アヒル掻き」で泳ぐ方法を習得していたのだ。

水中から引き揚げられたトムは、毛布に包まりながらジェリーに介抱される。一方、翼で水を掻いて泳ぐ方法を身につけた子アヒル。母アヒルや他の兄弟とは異なる泳ぎをする彼に、トムとジェリーは手を振るのであった。

関連項目[編集]