赤ちゃんは楽だね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤ちゃんは楽だね』(あかちゃんはらくだね、Busy Buddies1956年5月4日)はトムとジェリーの作品のひとつ。後に公開されるハンナ=バーベラ期、すなわちトムとジェリー原作の最終話である「赤ちゃんは知らん顔」の伏線的作品。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ベビーシッターを請け負ったジェニー(日本国内放送版では赤ちゃんの姉の設定)は、赤ん坊の両親が出かけるや否や、子守そっちのけで友人と電話を始めてしまう。

主人夫妻の留守をいいことにトムとジェリーが仲良く冷蔵庫の中身をつまみ食いしているところへ、ジェニーの電話中にベッドを抜け出した赤ん坊が現れ、2匹の心配をよそに家のあちこちを這い回る。

トムとジェリーは赤ん坊をベッドに連れ戻すが、ジェニーは、トムが赤ん坊にいたずらしていると勘違いして叱りつける。

赤ん坊は更にあちこちを這い回り、ついには家の外へ。トムとジェリーは、そんな赤ん坊を追いかけ、大騒ぎの末何とか無事ベッドに連れ戻す。

そこへ赤ん坊の両親が帰ってきて赤ん坊の様子を尋ねると、何も知らないジェニーは「トムがいたずらしようとしただけ。今は天使のように眠っている」と答えるのだった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列および他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDには未収録。

関連項目[編集]