ただいまお昼寝中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ただいまお昼寝中
Quiet Please!
監督 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
脚本 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
製作 アーヴ・スペンス
ケネス・ミューズ
エド・バージ
レイ・パターソン
製作総指揮 フレッド・クインビー
音楽 スコット・ブラッドリー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1945年12月25日
上映時間 7分20秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ネズミ取り必勝法 1944年度
次作 ピアノ・コンサート 1946年度
テンプレートを表示

ただいまお昼寝中』(Quiet Please!1945年12月25日、劇場公開時『暴れ子鼠』)は『トムとジェリー』の作品のひとつ。

1946年アカデミー短編アニメ賞受賞作品。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

スパイクは昼寝をしようとするがトムとジェリーの追いかけっこにはうるさくて一向に眠れない。

スパイクはトムに「頼むから少し静かにしてくれ、眠らせてくれ、なぁ。今度また音を立てたらもう許さないぞ、ただじゃおかないからな!いいか、さぁ行け!!」と言った直後にソファーまで投げ飛ばされ、再び眠りにつく。

それを見たジェリーはトムを挑発し、スパイクを起こそうとし続けるが、それをトムは必死に阻止し続け、スパイクに睡眠薬を飲ませる。

ジェリーが何をやってもスパイクが起きない。トムが思う存分ジェリーを追いかけ回し続ける中ジェリーはスパイクを必死に起こそうとする。

そんな中ジェリーはスパイクの腹の下にダイナマイトを仕掛けてしまう。それに気づいたトムは必死に抜こうとするが取れない。そんな中スパイクは途中で目が覚めてしまう。トムはスパイクの腹にダイナマイトを誤ってかくしてしまう。そのせいでスパイクは大爆発、怒ったスパイクは最強の肉でトムをぶちのめした。ボロボロになったトムはスパイクの乗ったゆりかごを揺らす役をされる。そこでジェリーは(DO NOT DISTURB)日本語(邪魔しないで)と言う紙をぶら下げてスパイクのとなりで 一緒に寝るのだった。

外部リンク[編集]