トラになったトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トラになったトム』(Part Time Pal、1947年3月15日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ジェリーに台所をメチャクチャにされ、お手伝いさんはカンカン。

「トム、これが最後のチャンスだよ!今度あのネズミを台所に入れたりでもしたら、お前はお払い箱だ!」

お手伝いさんから厳命されたトムは、箒を構えて近衛兵よろしく冷蔵庫の警備をする。その様をおかしがり、真似をするジェリー。たちまち追いかけっこが始まるが、牛乳瓶を踏みつけてすべり、勢い余ったトムは地下倉庫へつながる階段を転げ落ち、りんご酒に飛び込んでしまう。這い上がった時には完全に酔いつぶれて「トラ」になっていた。

酔ったトムは、台所の番の役目などどこへやら。ジェリーに友好的に握手などすると、勝手に冷蔵庫を開けてゼリーローストチキンなどをジェリーに勧める。トムの変貌ぶりに戸惑うジェリーが躊躇すると、迷いも無くそれら食品を放り投げて次のを勧める。しまいには冷蔵庫上段の棚をつまみ食いついでにひっくり返し、台所はメチャクチャ。

しかし汚れた床ですべり、冷水の瓶を浴びてようやく正気に戻る。そして台所の様子に真っ青になり、「トム公認」の冷蔵庫荒らしを楽しんでいたジェリーを追い回す。ジェリーはとっさに洗面所に逃げ込むが、それを追うトムは転んだ拍子にアルコール主体のアフターシェーブローションの瓶が口の中に飛び込み、またしても酔いつぶれてしまう。

再度トラになったトムはジェリーをリビングの食卓に案内。主人気取りで席に着くとお手伝いさん呼び付け様のベルを鳴らす。しかしお手伝いさんは2階の寝室で寝入っており、来る様子も無い。何度ベルを鳴らしても指笛でも来ないお手伝いさんに業を煮やしたトムは、2階に上がるや、ジェリーが止めるのもかまわず水差しの水をぶっかける。

カンカンになったお手伝いさんは階段から飛び降り、体重で家がぶち壊れるのもかまわずトムを追い回す。それでも酔いの醒めないトム。お手伝いさんが振り回す箒を器用によけつつ、月明かりの中をどこまでも逃げるトムだった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。この中でアフターシェーブローションであるはずのベイラムの事は「65度の強いお酒」と説明された。

関連項目[編集]