トラになったトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トラになったトム』(Part Time Pal1947年3月15日)は、「トムとジェリー」の作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ジェリーに台所をメチャクチャにされ、お手伝いさんはカンカン。「いいかい、トム、これがお前にとっての最後のチャンスだよ!もしあのネズミを冷蔵庫に入れたりでもしたら、代わりにお前が出て行くことになるからね!」。

お手伝いさんから見張りを厳命されたトムは、箒を構えて近衛兵よろしく冷蔵庫の警備をする。その様をおかしがり早速トムをからかうジェリー。たちまち追いかけっこが始まるが、その途中で地下倉庫まで滑り転げたトムは勢い余ってりんご酒に飛び込んでしまう。這い上がった時には完全に酔いつぶれて「トラ」になっていた。

へべれけに酔い気が大きくなったトムは、台所の番の役目などどこへやら。ジェリーに友好的に握手などすると、冷蔵庫の中身を物色してはそれらをジェリーに勧め、食べる様子がなければ放り捨ててしまう。そのうちにトムは冷蔵庫上段の棚をつまみ食いついでにひっくり返し、周囲に食料が散乱。騒ぎを聞いて駆けつけたお手伝いさんは台所のあらぬ惨状に怒り狂う。そんな彼女にまでちょっかいを出すトムの変貌ぶりにはさすがのジェリーも困惑する始末。

しかし、ふとしたことで冷水を浴びたことからトムはようやく酔いを醒ます。そして台所の様子に真っ青になり、「トム公認」の冷蔵庫荒らしを楽しんでいたジェリーを再び追い回す。ジェリーはとっさに洗面所に逃げ込むが、それを追うトムは転んだ拍子に「BAY RUM[注 1]の瓶が口の中に飛び込み、またしても酔いつぶれてしまう。

再度トラになったトムはジェリーを食卓に案内。主人気取りで席に着くと、既に2階の寝室で寝入っているお手伝いさんをベルで呼びつける。何度呼び出しても来る様子のないお手伝いさんに業を煮やしたトムは、2階に上がるや、ジェリーが止めるのも構わず水差しの水をぶっかける。

カンカンになったお手伝いさんは階段から飛び降り、その衝撃で家がぶち壊れるのもかまわずトムを追い回す。それでも酔いが醒めぬまま、お手伝いさんが振り回す箒を器用によけつつ、月明かりの中をどこまでも逃げるトムだった。

登場キャラクター[編集]

トム
冷蔵庫監視を命ぜられ当初は真面目に仕事するも、ジェリーを追いかけるうちに2度アルコールを浴びて酔いつぶれる。その後寝ていたお手伝いさんへ水をかけて激怒させてしまい追いかけられた。
ジェリー
自身を捕まえようとするうちにアルコールを浴びて酔いつぶれたトムに友好的に接せられる。最初は途端に気が大きくなったトムの態度に戸惑いを見せるが、そのうちつまみ食いに便乗するようになる。お手伝いさんに水をかけようとするトムの制止を試みるも失敗に終わる。
お手伝いさん
「もしジェリーを家の中に入れたら追い出す」と最後通告したうえで冷蔵庫の監視をトムに命令。だが酔いつぶれたトムが水をかけてきたことに激怒し、最後はトムを箒で叩きのめそうと追い回す。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アルコール主体のアフターシェーブローションTBS版では「65度の強いお酒」と解説された。

関連項目[編集]