にわとりのおばさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

にわとりのおばさん』(Fine Feathered Friend、1942年10月10日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

監督 ウィリアム・ハンナ ジョセフ・バーベラ
製作総括 フレッド・クインビー(初公開版ではクレジット無し)
作画 ケネス・ミューズ ピーター・バーネス ジョージ・ゴードン ジャック・ザンダー、ビル・リトルジョン(初公開版のみクレジット)
音楽 スコット・ブラッドリー

作品内容[編集]

家畜小屋の中で追いかけっこをするトムとジェリー。追われるジェリーは、とっさに卵を温める雌鶏の腹の下に隠れる。すかさずトムは雌鶏の腹の下を探ろうとするが、そのたびに猛烈につつき回される。

一方、腹の下に隠れるジェリーは猛烈な暑さに参ってしまい、ニワトリの尻から羽を抜いてそれをうちわ代わりにするばかり。しかし、トムも諦めてはいない。乳しぼりに変装して近づいたり、尻の下にネズミ取りを仕掛けたり、置物に隠れて穴からフォークを突き刺したその隙にジェリーを探ったりしたがいずれも失敗。怒ったニワトリはトムに乗るとフォークを取り上げて、トムの尻にフォークを突き刺してトムを追い払うことに成功。

そんなドタバタ劇が続く中、ようやく卵からヒヨコが生まれた。ニワトリは生まれたヒヨコたちを抱きあげる。ジェリーもヒヨコに変装して、トムから守ってもらうことに。それを見たトムは待ち伏せして、捕まえようとするが、トムが捕まえたのは本物のヒヨコ。間違えられて捕まったヒヨコは「ママ!」と叫び、怒ったニワトリにバケツで殴られるのだった。

一方、ヒヨコに変装したジェリーは誤ってアヒルの親子についてってしまったため、変装が取れてしまい、再びトムに追われてしまう。トムはハサミを持ちながら、ジェリーを追い回す。ところが、誤ってニワトリの尾羽をすべて丸刈りにしてしまった。トムは「これ最近流行りのファッションですよ」と誤魔化し、ニワトリはカンカン。怒ったニワトリは仕返しにトムの尻尾の毛をハサミで丸刈りにしてしまう。

その日の夜、尻尾を丸刈りにされたトムは外でジェリーが鶏小屋から出てくるチャンスを伺っていた。小屋の中では尾羽が生えるまでハタキを尾羽替わりにしていたニワトリと、ヒヨコと一緒に気持ちよさそうに寝ているジェリーの姿があった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。また、旧地上波版の題名は「にわとり婆さん」であった。

関連項目[編集]