夜中のつまみ食い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夜中のつまみ食い: The Midnight Snack1941年7月19日)は、トムとジェリーの作品の一つ。この話から正式に「トムとジェリー」というタイトルが付いた。ハンナ=バーベラ期2作目。

日本ではTBS系列及び他系列で、1964年から1990年頃にかけて時折放映された。DVDにも収録されている。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

真夜中の台所で、ジェリーがチーズ冷蔵庫から盗み出そうとしていた。その様子を見ていたトムはジェリーにいたずらを仕掛けた。そのいたずらに懲りてチーズをあきらめる振りをし、一かけらだけでも食べようとしたジェリーだったが、それすらもトムに阻止される。トムはジェリーが取り出したチーズを冷蔵庫に入れるついでにジャムをつまみ食い。味をしめたトムはジェリーを監視しながら冷蔵庫をあさる。その中のチーズのにおいをかいだトムは、そのあまりの臭さに投げ捨て、食器棚を割ってしまう。その音で目覚めたのであろう、お手伝いさんがトムを呼ぶ。自分がやったと彼女に発覚したら追放必至である。そこでトムは全ての罪をジェリーに着せた。かくしてお手伝いさんの「トム、鼠を捕まえて!」という叫び声を合図にドタバタが始まったが、結果は・・・。お手伝いさんが冷蔵庫を開けると、トムが。トムはジェリーを捕まえることに失敗し、お手伝いさんに叩きのめされた。こうして、ジェリーはチーズを奪い取ることに成功したのだった。

再公開[編集]

今回の作品は、1958年に再公開されており、作品内容は初公開版と同じだがオープニング・エンディングのクレジット、レオ・ザ・ライオンも変更されている。初公開版では、オープニングのクレジットや、エンドクレジット、レオ・ザ・ライオンは、実写映画と同じ物になっている。また、プロデューサーであるフレッド・クインビーの記載がない。現在の映像ソフトに収録されているものや現在のテレビで再放送されているものはこの再公開版が殆どのため、オリジナルのオープニング等を観るのはやや困難である。

関連項目[編集]