ナポリよいとこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナポリよいとこ』(Neapolitan Mouse, 1954年10月2日)は『トムとジェリー』の作品のひとつ。劇場公開時の題は『ナポリの豪傑ねずみ』。


スタッフ[編集]

作品内容[編集]

トムとジェリーはナポリに観光に来ていた。船を下りていつものドタバタを始めるが、トムがジェリーをフライパンでぶちのめしたところをそこの住人である灰色のネズミにトムは成敗される。

また、トムは青い犬に虐められていたが、これも灰ネズミが犬を完膚なきまでに叩きのめして終了する。

灰ネズミは、「大きい者が弱い者虐めをするのを見ると怒る」と言う。だがそのコンビの正体がトムとジェリー(何故かナポリでは現実世界同様、彼らが漫画スター扱いされている)だと気づいたネズミは、彼らをナポリ観光に連れて行く。

行く先々に彼らをストーキングしていた青い犬とそのグル。灰ネズミが彼らに気づき逃げ出す。

そこでトム、ジェリー、灰ネズミは協力して大きなチーズを転がして犬を成敗することに成功。とそこで船の汽笛が鳴り響く。トムとジェリーは、観光案内をしてくれた灰ネズミに手を振りつつ、ナポリに別れを告げアメリカへと帰っていった。そして手を振る灰ネズミの後ろで、青とグルの犬3匹も「またな~」と手を振るのであった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列及び他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録されている。

関連事項[編集]