ジェリー街へ行く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェリー街へ行く』(Mouse in Manhattan)は、1945年7月7日に公開された『トムとジェリー』の短編アニメ映画。

概要[編集]

今作はジェリーを主役に据えた内容となっており、トムは物語の冒頭とラストのみ登場している。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

田舎の暮らしに飽きたジェリーは、眠っているトムに書置きで別れを告げ大都会ニューヨークマンハッタンに行くことにした。

汽車に揺られ都会へ着いたジェリー。都会の摩天楼、美しい女性(ただしマネキン)、そして美しい夕焼けに惚れ惚れしていた。そのうちに都会の大きなホテルに潜り込み初めて乗るエレベーターにびっくりするジェリー。その後、テラスのテーブル上で人形と踊り明かすが、ある拍子にシャンパンの瓶の中にはまってしまい吹き飛ばされる。やっと地面に着地したと思ったもつかの間、都会の凶暴な野良猫の大群に追いかけられ、逃げてるうちに宝石屋のショーウィンドーをぶち破ったことから宝石泥棒に間違われ銃撃されてしまう。

命からがら線路をつたって田舎へと逃げ戻るジェリー。家に着くとトムはまだ眠り込んだまま。ジェリーは書置きを破りトムにキスをした。トムはジェリーに何が起きたのか知らずに、きょとんとしていた。

「田舎でトムと暮らす生活のほうが幸せだ」。そう思いながらジェリーは自分の家の中へ入っていくのであった。

備考[編集]

旧地上波版のナレーションでは、「なにしろこの村はテレビなんかまだありませんから」と言っているが、公開当時は1945年で日本でテレビが普及し始めた時期は1953年のことなので(アメリカでは、すでに1941年にテレビ放送が開始されていた)時代背景を表している。なお旧地上波版が放映されたのは1970年代のことである。

外部リンク[編集]