ジェリー街へ行く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェリー街へ行く』(Mouse in Manhattan、1945年7月1日)はトムとジェリーの作品のひとつ。


スタッフ[編集]

作品内容[編集]

田舎の暮らしに飽き飽きしたジェリーは、眠っているトムに書置きで別れを告げ大都会ニューヨークマンハッタンに行くことにした。
汽車に揺られ都会へ着いたジェリー。都会の摩天楼、都会の美しい女性(ただしマネキン)、そして都会の美しい夕焼けに惚れ惚れしていた。
そのうちに都会の大きなホテルに潜り込み初めて乗るエレベーターにびっくりするジェリー。その後、テラスのテーブル上で人形と踊り明かすがある拍子にシャンパンの瓶の中にはまってしまい吹き飛ばされる。
やっと地面に着地したと思ったもつかの間、都会の凶暴な野良猫の大群に追いかけられ、逃げてるうちに宝石屋のショーウィンドーをぶち破ったことから宝石泥棒に間違われ銃撃されてしまう。
命からがら線路をつたって田舎へと逃げ戻るジェリー。家に着くとトムはまだ眠り込んだまま。ジェリーは書置きを破りトムにキスをした。「田舎でトムと暮らす生活のほうが幸せだ。」そう思いながらジェリーは自分の家の中へ入っていくのであった。

備考[編集]

  • 今作はジェリーが主役の作品で、トムは冒頭部分とクライマックスにしか登場していない。
  • 旧地上波版のナレーションでは「なにしろこの村はテレビなんかまだありませんから・・」と言っているが、公開当時は1945年でテレビが普及し始めたのは1950年代前半のことなので当たり前である。ただし、旧地上波版が放映されたのは1970年代のことである。

関連項目[編集]