夢と消えた百万ドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢と消えた百万ドルThe Million Dollar Cat1944年5月6日)は、トムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

いつものようにトムがジェリーを使って遊んでいると、一通の電報が届く。それはトムが百万ドル相続権を得たという内容だった。電報を読んで歓喜するトム。しかしジェリーも電報を読み歓喜する。それは電報に「トムがたとえネズミでも何か他の生き物に危害を加えたら百万ドルは帳消し(旧日本語版では「トムがハツカネズミを虐めた場合は百万ドルは取り消し」)」と書かれていたからだ。

百万ドルを相続し、高層マンションに引っ越したトム。しかし相続条件を楯にジェリーはトムにつきまとい、トムの食事を勝手に食べたり、ベッドを独り占めするなどジェリーはやりたい放題。トムは最初は我慢していたが、遂に堪忍袋の緒が切れてしまい、トムは電報を破り捨てながら暴れだす。トムは「あーあ、これで百万ドルがパーになっちゃった」と落ち込むが、「でも、まあいいや(VHS・DVD版では「だけど、最高!幸せ!」)」と開き直り、ジェリーを叩きのめすのであった。

本作品ではジェリーはトムの弱みを利用して好き勝手なことをするという、他の作品と比べて意地悪さが目立つ役として登場している。また、初めてトムが勝利する作品である。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列及び他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録されている。テレビ放送当初の翻訳とDVDで見られる現在の翻訳とでは、オチのニュアンスが少し違っている。

関連事項[編集]