エルマー・ファッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エルマー・ファッド (Elmer Fudd)は、ルーニー・テューンズのキャラクター。


概要[編集]

エルマーの本名はエルマー・J・ファッド。

バッグス・バニーの宿敵であり、彼はバッグスを獲物にし『食っちまおう!』としている。

彼は気の強いハンターに見えるが、非常に気が弱く、ドジで間抜けなところがある。

これは彼の癖として、サ行のとこをハ行にしたり、ラ行のとこをア行で発音することがある[1]

エッグヘッドとして[編集]

エルマーは当初、監督のテックス・アヴェリーの短編映画『エッグヘッド登場(Egghead Rides Again、1937年公開)』で、エッグヘッドとして登場した。[2]

この時のエッグヘッドは、細長い鼻、緑色の服と黄緑のズボンとして描かれた。

エッグヘッドは、『赤頭巾ちゃんと狼(Little Red Walking Hood)』で2度も出演し、その後、『ダフィとエッグヘッド(Daffy Duck and Egghead)』でダフィー・ダックと共演した。

エルマー・ファッドとして[編集]

1940年にはエルマー・ファッドという名前になり、小さな風船のような鼻に変わった。

チャック・ジョーンズ監督の短編映画『カメラはもうこりごり(Elmer's Candid Camera、1940年公開)』で、バッグス[3]と初共演。

この時点ではまだ、エッグヘッドと同じ服を着ていた。

その間は『野生のバニー(A Wild Hare、1940年公開)』で共演した。

エルマーは、熱狂的スポーツマンとして描かれ、二連式散弾銃を所持している。

しかし、このエピソード『どったのセンセー?(What's up Doc?)』ではエルマーの特徴が異なった。エルマーは大スターで、新しいパートナーを探している時、ベンチに座っているバッグス・バニーを見つけ、バッグスをスカウトし、彼を引き立て役にした。ギャグをしても観客は全くウケなかったが、エルマーがライフルをバッグスに向けた時、バッグスが『どったのセンセー?』と言った時には大ウケした。

『エルマー バニーになる!?(Hare Brush)』では、洗脳されたエルマーがウサギになるお話となっている。

その後の活躍[編集]

エルマーは、1970年代から1980年代にかけて、複数のテレビスペシャルに登場し、カメオ出演した。ロジャー・ラビットでもカメオ出演を果たした。

タイニー・トゥーンズでは、学校の先生として登場した。

スペース・ジャムではTune Squadのメンバーとして登場、ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクションでは悪役を演じた。

ルーニー・テューンズ・ショーでも登場した。

声優[編集]

エッグヘッド
  • ダニー・ウェッブまたはクリフ・ナザロ (1937–1939)
  • ロイ・ロジャース (『A Feud There Was』で担当)
  • マーク・カウズラ (『Daffy Duck's Quackbusters』)
  • トム・ケニー (シルベスターとトゥイーティー ミステリー)
エルマー・ファッド

吹替声優[編集]

エッグヘッド
  • 不明(ダフィとエッグヘッド(ヘラルド・ポニー版のビデオ『コミック☆パラダイス 全員集合!! ダフィのいたずら物語』に収録されているエピソード))
エルマー・ファッド

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これは現行吹き替え版によるもので、それ以前の吹き替え版には無かった。
  2. ^ Egghead at Don Markstein's Toonopedia. Archived from the original on June 16, 2016.
  3. ^ この時はプロトタイプだった。