クロガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロガモ
クロガモ
クロガモ(オス) Melanitta nigra americana
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
亜目 : カモ亜目 Anseres
: カモ科 Anatidae
: クロガモ属 Melanitta
: クロガモ M. nigra
学名
Melanitta nigra (Linnaeus, 1758)
和名
クロガモ
英名
Black scoter
Common scoter

クロガモ(黒鴨[1]Melanitta nigra)は、カモ目カモ科クロガモ属に分類される鳥類

分布[編集]

  • M. n. americana クロガモ

シベリア東部、アラスカ州西部で繁殖し、冬季になるとアメリカ合衆国、中華人民共和国、日本、アリューシャン列島の沿岸域へ南下し越冬する。北海道では幼鳥が観察されたことがあり、繁殖している可能性もある[2][3][4][5]

  • M. n. nigra ヨーロッパクロガモ

アイスランド、シベリア西部、ヨーロッパ北部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北西部、ヨーロッパの沿岸域へ南下し越冬する[2][3][4][5]

形態[編集]

全長44-54センチメートル[2][4]。翼開張79-90センチメートル[2]。体重0.6-1.4キログラム[4]。種小名nigraは「黒い」の意で、和名と同義[1]

虹彩は褐色[3]。嘴の色彩は黒い[2][5]。後肢の色彩は黒や黒褐色[3][5]

オスの成鳥は全身の羽衣が黒い[2][4][5]。メスや幼鳥は全身の羽衣が黒褐色[2][3][5]。メスには頬や喉に汚白色や淡灰色の明色斑が入る[2][4]。オスの幼鳥は上嘴に黄色部がある[2]

  • M. n. americana クロガモ

オスは上嘴基部は黄色く隆起する[3]

  • M. n. nigra ヨーロッパクロガモ

上嘴に黄色部があり、上嘴基部に黒い瘤がある[3]

分類[編集]

  • Melanitta nigra americana  クロガモ Pacific black scoter
  • Melanitta nigra nigra (Linnaeus, 1758) ヨーロッパクロガモ Europian black scoter

生態[編集]

非繁殖期には海洋に生息する[3][4]。繁殖期には主に高地ツンドラ内にある沼地などに生息する[3]。非繁殖期には群れを形成する[3][4]

食性は動物食で、貝類甲殻類(カニ、フジツボなど)、昆虫、魚類の卵などを食べる[3][4]。繁殖期には淡水性の貝類や昆虫、非繁殖期には海洋性の貝類、甲殻類などを食べる[4]

繁殖形態は卵生。6-7月に水辺の草原や藪地に枯れ草などを組み合わせた巣を作り、6-9個の卵を産む[3][4]。抱卵日数は27-31日[3][4]。雛は孵化してから45-50日で飛翔できるようになる[4]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、138頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、143頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、79頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥類I』、平凡社1986年、181頁。
  5. ^ a b c d e f 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、126頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2009. Melanitta nigra. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.2.