コンテンツにスキップ

ワールドユースデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワールドユースデー英語: World Youth Day, WYD)は、1984年ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の提唱で始まった青年カトリック信者の年次集会である。

日程は1週間にわたって行われ、世界各地から青年カトリック信者数十万人が集まる。

目的

[編集]

大会の目的は次のことを表す。

  1. 一緒に集まること
  2. 若者に信用を置くこと
  3. 人間のレベル上で国際的な世界に会うこと

開催地一覧

[編集]
国際レベルでの行事
日時 開催地 総参加者数 テーマ
1984 4月15日 ローマイタリアの旗 イタリア 300,000 贖いの聖年
1985 3月31日 ローマイタリアの旗 イタリア 300,000 国際青年年英語版
1987 4月11日12日 ブエノスアイレスアルゼンチンの旗 アルゼンチン 1,000,000 We ourselves have known and put our faith in God’s love towards ourselves (ヨハネの第一の手紙 4:16)
1989 8月15日20日 サンティアゴ・デ・コンポステーラスペインの旗 スペイン 400,000 I am the Way, the Truth and the Life (ヨハネによる福音書 14:6)
1991 8月10日15日 チェンストホヴァポーランドの旗 ポーランド 1,600,000 You have received a spirit of sonship (ローマ人への手紙 8:15)
1993 8月10日15日 デンバーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミサ会場:Cherry Creek State Park
500,000 I came that they might have life, and have it to the full (ヨハネによる福音書 10:10)
1995 1月10日15日 マニラフィリピンの旗 フィリピン
ミサ会場:リサール公園
5,000,000 As the Father sent me, so am I sending you (ヨハネによる福音書 20:21)
1997 8月19日24日 パリフランスの旗 フランス
ミサ会場:ロンシャン競馬場
1,200,000 Teacher, where are you staying? Come and see (ヨハネによる福音書 1:38-39)
2000 8月15日20日 ローマイタリアの旗 イタリア
ミサ会場:トル・ヴェルガータ
2,000,000 The Word became flesh and dwelt among us (ヨハネによる福音書 1:14)
2002 7月23日28日 トロントカナダの旗 カナダ
最終ミサ会場:ダウンズビュー・パーク
800,000 You are the salt of the earth ... you are the light of the world (マタイによる福音書 5:13-14)
2005 8月16日21日 ケルンドイツの旗 ドイツ
最終ミサ会場:マリエンフェルト
1,200,000[1][2] We have come to worship Him (マタイによる福音書 2:2)
2008 7月15日20日 シドニーオーストラリアの旗 オーストラリア
最終ミサ会場:ロイヤルランドウィック競馬場
400,000[3] You will receive power when the Holy Spirit comes upon you; and you will be my witnesses. (使徒言行録 1:8)
2011 8月16日21日 マドリードスペインの旗 スペイン
最終ミサ会場:マドリード=クアトロ・ビエントス空港
1,400,000–2,000,000[4][5][6] キリストに根ざして生きる (コロサイ人への手紙 2:7)[7][8]
2013 7月23日28日 リオデジャネイロブラジルの旗 ブラジル[9] 3,700,000 だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい (マタイによる福音書 28:19)[10]
2016 7月26日31日 クラクフポーランドの旗 ポーランド 3,000,000 憐れみ深い人々は幸いである、その人たちは憐れみを受ける (マタイによる福音書 5:7)[11]
2019 1月22日27日 パナマパナマの旗 パナマ 110,000[12] わたしは主のはしためです。おことばどおり、この身に成りますように。 (ルカによる福音書 1:38)[13]
2023 8月1日6日 リスボン ポルトガル 1,500,000[14] マリアは出かけて、急いで山里に向かった (ルカによる福音書 1:39)[15]

大会日程

[編集]
 セッション
参加者到着と歓迎 参加している司教と参加者との問答セッション 参加している司教の問答セッション 参加している司教の問答セッション 徹夜サイトへの巡礼 ローマ教皇の典礼・閉会式
開会式 ショー、音楽、祈り ショー、音楽、祈り ショー、音楽、祈り
十字架の道の祈り 徹夜の祝賀と終了後に睡眠

脚注

[編集]
  1. ^ FAQs”. WYD08 (2008年). 2023年7月29日閲覧。
  2. ^ New South Wales Parliament Hansard”. World Youth Day 2005 (2005年). 2023年7月29日閲覧。
  3. ^ Pope Benedict XVI thanks volunteers and leaves Australia happy and blessed”. WYD2008 (2008年). 2023年7月29日閲覧。
  4. ^ Cerca de un millón y medio de personas reciben al Papa en Cuatro Vientos”. Europapress.es (2011年8月21日). 2011年12月5日閲覧。
  5. ^ juan vicente boo / corresponsal en el vaticano (2011年8月21日). “Dos millones de oraciones”. ABC.es. 2011年12月5日閲覧。
  6. ^ WYD: Looking back on the Pope's visit to Madrid”. News.va (2011年8月24日). 2023年7月29日閲覧。
  7. ^ Holy Father chooses themes for future World Youth Days”. CNA (2008年12月16日). 2023年7月29日閲覧。
  8. ^ 「キリストに根ざして生きる-ワールドユースデイ(WYD)に参加して-”. イエズス会社会司牧センター. 2023年7月29日閲覧。
  9. ^ "Brazil to host World Youth Day, pope announces", CNN, Al Goodman, 2011年8月21日。
  10. ^ 第28回WYD(ワールドユースデー)リオデジャネイロ大会(2013年7月22日~29日)に際して与えられる特別免償に関する教皇庁内赦院教令”. カトリック中央協議会 (2013年6月24日). 2023年7月29日閲覧。
  11. ^ 世界青年の日:2016年クラクフ大会に向けて、山上の説教を中心にした3年間のテーマ発表”. バチカン放送局 (2013年11月8日). 2023年7月29日閲覧。
  12. ^ JMJ: plus de 110'000 participants sont arrivés au Panama”. cath.ch (2019年1月25日). 2023年7月29日閲覧。
  13. ^ 2019年ワールドユースデーパナマ大会”. カトリック中央協議会. 2023年7月29日閲覧。
  14. ^ Lisbona: un milione e mezzo di giovani per la veglia con Papa Francesco”. RaiNEWS (2023年8月6日). 2023年9月5日閲覧。
  15. ^ 2023年ワールドユースデーリスボン大会”. カトリック中央協議会. 2023年7月28日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]