ルーベン・テハダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルーベン・テハダ
Rubén Tejada
Ruben Tejada, NY Mets, Spring Training, March 7, 2014.jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2014年3月7日)
基本情報
国籍 パナマの旗 パナマ
出身地 ベラグアス県サンティアゴ・デ・ベラグアス英語版
生年月日 (1989-10-27) 1989年10月27日(30歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 2006年 アマチュアFA
初出場 2010年4月7日
年俸 $1,350,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム パナマの旗 パナマ代表
WBC 2009年2013年

ルーベン・ダリオ・テハダRubén Darío Tejada, 1989年10月27日 - )は、パナマベラグアス県サンティアゴ・デ・ベラグアス英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入りとメッツ時代[編集]

2006年ニューヨーク・メッツとアマチュア・フリーエージェントとして契約。以降マイナーリーグで経験を積んだ。

2009年開幕前の3月に第2回WBCパナマ代表に選出された[2]

2010年にメジャーのスプリングトレーニングに招待された。4月7日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャーデビューを果たした。

2012年ホセ・レイエスのマイアミ・マーリンズへの移籍に伴い、開幕レギュラーとなった。オフの11月には、母国パナマで行われた第3回WBC予選のパナマ代表に選出され[3]、2大会連続2度目の選出を果たした。

2013年5月大腿四頭筋を痛めて故障者リスト入りし、回復後も野球に対する取り組む姿勢の影響もあり、すぐにメジャー昇格しなかった[4]。57試合の出場に留まり、打率.202、10打点、2盗塁に終わった。

2014年はレギュラーとして起用されて119試合に出場したが、打率.237、5本塁打、34打点、1盗塁(2盗塁死)に終わった。

2015年は116試合の出場で自己2位の94安打を放って打率.261を記録した。チームにとって9年ぶりとなったポストシーズンでは、ロサンゼルス・ドジャースとのディビジョンシリーズでポストシーズン初出場を果たしたが、第2戦の7回裏の守備の併殺プレーのときに1塁走者のチェイス・アトリーの激しいスライディングを受けて負傷退場し、右足の腓骨骨折と診断された。

2016年3月16日に自由契約となった[5]

カージナルス時代[編集]

2016年3月20日にセントルイス・カージナルスと1年150万ドルで契約を結んだ[6]。控え内野手として起用され、5月20日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では投手として登板した[7]。23試合に出場し、34打数6安打、打率.176の成績で、5月28日にDFA、6月1日に自由契約となった[8]

ジャイアンツ時代[編集]

2016年6月13日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ[9]6月29日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。7月20日にDFA、27日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツへ配属された。10月3日にFAとなった[8]

ヤンキース傘下時代[編集]

2016年12月12日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ[8]

2017年は開幕から傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースでプレーした。

オリオールズ時代[編集]

2017年6月4日に金銭トレードで、ボルチモア・オリオールズへ移籍し[8]、6日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[10]。8月18日にライアン・フラハーティの故障者リストからの復帰に伴い、40人枠から外れる形で傘下のAAA級ノーフォーク・タイズへ配属された[11]。この年メジャーでは41試合に出場して打率.230、5打点の成績を残した。レギュラーシーズン終了後の10月3日にFAとなったが、11月28日にオリオールズとマイナー契約を結んで再契約した[12]

2018年はAAA級ノーフォークでプレーし、101試合に出場して打率.230、2本塁打、34打点、5盗塁を記録した。オフの11月2日にFAとなった[8]

メッツ復帰[編集]

2019年3月23日にプロ入り時の古巣であるメッツとマイナー契約を結んだ[13]。5月から実戦出場し、傘下のAA級ビンガムトン・ランブルポニーズとAAA級シラキュース・メッツでプレーした。8月14日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[14]。8月22日にDFAとなり[15]、27日に自由契約となった[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 NYM 78 255 216 28 46 12 0 1 61 15 2 2 6 3 22 3 8 38 2 .213 .305 .282 .588
2011 96 376 328 31 93 15 1 0 110 36 5 1 4 3 35 3 6 50 6 .284 .360 .335 .696
2012 114 501 464 53 134 26 0 1 163 25 4 4 3 2 27 0 5 73 9 .289 .333 .351 .685
2013 57 227 208 20 42 12 0 0 54 10 2 1 3 0 15 0 1 24 3 .202 .259 .260 .519
2014 119 419 355 30 84 11 0 5 110 34 1 2 4 2 50 11 8 73 8 .237 .342 .310 .652
2015 116 407 360 36 94 23 0 3 126 28 2 1 2 2 38 5 5 70 6 .261 .338 .350 .688
2016 STL 23 40 34 6 6 2 0 0 8 3 0 0 0 3 2 0 1 8 1 .176 .225 .235 .460
SF 13 38 32 3 5 3 0 0 8 2 0 0 1 0 5 0 0 5 0 .156 .270 .250 .520
'16計 36 78 66 9 11 5 0 0 16 5 0 0 1 3 7 0 1 13 1 .167 .247 .242 .489
2017 BAL 41 124 113 17 26 6 0 0 32 5 0 0 1 0 8 0 2 15 6 .230 .293 .283 .576
MLB:8年 657 2387 2110 224 530 110 1 10 672 158 16 11 24 15 202 22 36 356 41 .251 .325 .318 .643
  • 2018年度シーズン終了時

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 STL 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 2 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 2.00
MLB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 2 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 2.00
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 11(2010年 - 2015年、2019年)
  • 19(2016年 - 同年途中)
  • 17(2016年途中 - 2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ruben Tejada Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年8月18日閲覧。
  2. ^ 2009 Tournament Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月2日閲覧 [リンク切れ]
  3. ^ 2012 Qualifier Roste” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2014年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月17日閲覧。
  4. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、301頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  5. ^ Anthony DiComo (2016年3月16日). “Tejada released, ending six-year tenure with Mets” (英語). MLB.com. 2016年3月17日閲覧。
  6. ^ Jenifer Langosch (2016年3月20日). “Cardinals sign free-agent shortstop Tejada” (英語). MLB.com. 2016年3月21日閲覧。
  7. ^ Chris Landers (2016年5月20日). “The Cardinals called on infielder Ruben Tejada to pitch the ninth ... with extremely mixed results” (英語). MLB.com. 2016年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2019年8月28日閲覧。
  9. ^ Connor Grossman (2016年6月13日). “Giants sign Ruben Tejada to minor league deal” (英語). KNBR. 2016年7月1日閲覧。
  10. ^ Brittany Ghiroli (2017年6月6日). “O's add Tejada to big league club for depth” (英語). MLB.com. 2017年6月8日閲覧。
  11. ^ Eduardo A. Encina (2017年8月17日). “Orioles activate Ryan Flaherty from DL, outright Rubén Tejada to Norfolk” (英語). The Baltimore Sun. 2017年8月18日閲覧。
  12. ^ Ben Weinrib (2017年11月28日). “Orioles ink 14 to Minor League contracts” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  13. ^ Mike Puma (2019年3月24日). “Ruben Tejada returns to Mets on minor league contract” (英語). NY Post. 2019年8月15日閲覧。
  14. ^ Anthony DiComo (2019年8月14日). “McNeil (hamstring) to IL, but news not all bad” (英語). MLB.com. 2019年8月15日閲覧。
  15. ^ Sarah Langs (2019年8月22日). “Flexen recalled from Triple-A; Tejada DFA'd” (英語). MLB.com. 2019年8月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]