近平省悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近平 省悟
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1981-02-12) 1981年2月12日(38歳)
身長
体重
195 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 四国・九州IL / 2005年
最終出場 四国・九州IL / 2009年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

近平 省悟(ちかひら しょうご、1981年2月12日 - )は、愛媛県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

宇和島東高時代は、夏の甲子園に出場。

近畿大学に進学後は、2年の時に、関西学生リーグ2000年秋の同大戦でノーヒットノーランを達成。最優秀選手にも選出された。リーグ通算36試合に登板、13勝12敗、防御率1.74、143奪三振を記録。

その後、愛媛県のクラブチーム・松山フェニックスを経て、2005年7月30日付で四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)の愛媛マンダリンパイレーツに入団[1]

入団1年目は11試合の登板で1勝5敗にとどまったが、入団2年目の2006年は32試合に登板し、チームでは浦川大輔(14勝)に次ぐ9勝をあげた[2]2007年も前年に引き続いて先発陣の一翼を担ったが、シーズン中に肘を故障し、後期途中の8月31日付で登録を抹消された[3]。当時チームは香川オリーブガイナーズと首位を争っており、最終的に後期優勝を逃したが、監督の沖泰司はシーズン終了後にこの近平の離脱が響いたと記している[4]。ただし、規定投球回数は満たしており、防御率1.00で最優秀防御率のタイトルを獲得した[5][6]

2008年は肘の回復が遅れたため、キャンプインの段階では練習生の扱いであったが4月1日に契約を更新した[7]

2009年はチームトップとなる12勝を挙げたが[8]、シーズン終了後、自身の申し出により退団[9]

プレースタイル・人物[編集]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

年度 球団


















2005 愛媛 11 2 1 5 0 .167 65.0 19 3 33 17 2.35
2006 32 2 9 9 0 .500 172.2 35 17 99 40 2.08
2007 12 2 6 1 1 .857 80.2 23 6 38 9 1.00
2008 26 2 8 6 1 .571 155.0 15 10 73 39 2.26
2009 27 1 12 7 0 .632 137.1 16 4 76 46 3.01
通算:5年 108 9 36 28 2 .563 610.2 108 40 319 151 2.23
  • 各年度の太字は、リーグ最高

タイトル[編集]

  • 最優秀防御率(2007年)

背番号[編集]

  • 20(2005年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 選手契約の解除ならびに新規選手登録について (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2005年7月29日)
  2. ^ 投手成績(全選手) 2006年シーズン - 四国アイランドリーグplus
  3. ^ 愛媛MPが近平投手を故障のため出場選手登録抹消 (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年8月31日)
  4. ^ 野球西国巡り 第40回 - SPORTS COMMUNICATIONS(2007年10月2日)
  5. ^ 四国IL2007個人タイトル確定 (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月1日)
  6. ^ 当時はリーグ記録。2011年に徳島インディゴソックスの岩根成海が0.68を記録して更新した。
  7. ^ 愛媛MPが近平投手と選手契約 (PDF) - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2008年4月4日)
  8. ^ 投手成績(全選手) 2009年シーズン - 四国アイランドリーグplus
  9. ^ 愛媛MPの10選手退団のお知らせ - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2009年11月6日)

関連項目[編集]