備後本庄駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
備後本庄駅*
駅舎
駅舎
びんごほんじょう
Bingo-Honjō
福山 (1.8km)
(4.3km) 横尾
所在地 広島県福山市本庄町中三丁目30-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 Z 福塩線
キロ程 1,8km(福山起点)
電報略号 ヒホ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
375人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1940年昭和15年)2月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

備後本庄駅(びんごほんじょうえき)は、広島県福山市本庄町中三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福塩線である。

駅構造[編集]

府中方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅停留所)である。かつては相対式ホーム2面2線であったがそのうち東側(上り線用)ホームが使われなくなってこのようになった。使われなくなった対向ホームには桜が植えられており、国鉄時代の駅名標がそのまま残され、福塩線開業100周年を迎えた2014年7月には、元のデザインのまま再塗装されている。

せとうち地域鉄道部管理の無人駅。1988年に当駅が最寄り駅だった広島県立北陽高等学校が明王台団地へ移転して広島県立福山明王台高等学校となり、利用客が大幅に減少した影響から1991年頃に簡易委託化したが、しばらくして無人化され、1990年代中期頃に駅舎が撤去されブロック積みの待合所のみになっていた。その後、ICOCA導入に伴い待合所の背面部を切り開いた上でその前に簡易駅舎が設置されたが、数ヵ月後更に増築され現在の姿になった。駅舎改修と同時にICOCA対応の簡易式自動改札機及び自動券売機が導入された。

ICOCA利用可能駅(相互利用対象ICカードは当該項参照)。

ICOCA導入前の旧駅舎

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
2001年(平成13年) 378
2002年(平成14年) 378
2003年(平成15年) 393
2004年(平成16年) 392
2005年(平成17年) 408
2006年(平成18年) 416
2007年(平成19年) 415
2008年(平成20年) 405
2009年(平成21年) 441
2010年(平成22年) 425
2011年(平成23年) 350
2012年(平成24年) 307
2013年(平成25年) 384
2014年(平成26年) 375

駅周辺[編集]

歴史[編集]

福塩線の前身である両備鉄道時代には路線から外れていたが、国鉄買収後の1935年(昭和10年)に現在の横尾駅-福山駅間が新設され、1940年(昭和15年)2月1日に当駅が開業した(駅前にそれを記念する碑がある)。1991年(平成3年)4月1日に無人駅化(簡易委託駅化)。

近年、駅構内照明設備が充実され、自動券売機が設置されている。また前述の通り、2007年(平成19年)7月にICOCA対応簡易型自動改札機導入。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
Z 福塩線
福山駅 - 備後本庄駅 - 横尾駅

井原鉄道井原線の列車も一日3往復のみ乗り入れている。

外部リンク[編集]