竹田定良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹田 定良(たけだ さだよし、1738年元文3年)- 1798年8月5日寛政10年6月23日))は江戸時代儒学者、教育者。福岡藩の藩儒竹田家の第4代当主。藩校修猷館(東学問稽古所)初代総受持(館長)。は梅廬(ばいろ)。本姓は高畠。(あざな)は子俊。通称は助太夫、茂兵衛、茂平。

経歴[編集]

福岡藩の藩儒竹田家初代当主竹田定直の孫として生まれる。竹田家はもともと京都公卿であり、代々宮廷医を務めていたが、1661年寛文元年)から福岡藩主黒田家に仕え、その後9代に亘って藩主および藩士に朱子学を講じている。

1783年天明3年)6月24日、第9代藩主黒田斉隆より藩校創建の命を受け、1784年(天明4年)2月6日、藩校修猷館を開館し初代総受持となる。

この直後、福岡の志賀島金印が発見され、福岡藩はその月に開校したもう一つの藩校である甘棠館(西学問稽古所)の館長亀井南冥と共に、定良に金印の考証を命じ、南冥は『金印弁』、定良は『金印議』を提出している。

長男竹田定矩は第2代修猷館総受持、次男竹田定夫は第3代修猷館総受持、定夫の次男竹田定簡は第4代修猷館総受持、定夫の三男竹田定猗は第5代修猷館総受持を務めている。

竹田家系譜[編集]

福岡藩に仕えた第9代までの竹田家の系譜

                    
 定直①┳━定澄②━定倫③━定良④┳━定矩⑤━定琮⑦
    ┃            ┃
    ┗━某女         ┗━定夫⑥
      ┃ ┏━定倫(③)    ┃
      ┣━┫          ┣━━━要吉
      ┃ ┗━定良(④)    ┃
      高畠氏          ┣━━━定簡⑧
                   ┃
                   ┗━━━定猗⑨