菅野和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅野 和夫(すげの かずお、1943年3月31日 - )は、日本労働法学者東京大学名誉教授日本学士院会員労働政策審議会会長、中央労働委員会会長などを歴任。

経歴[編集]

経歴は以下の通り[1][2]

主な著書[編集]

  • 『争議行為と損害賠償』(東京大学出版会、1978年)
  • 『演習労働法』(小西国友との共著)(有斐閣、1983年)
  • 『セミナー労働時間法の焦点』(共著)(有斐閣、ジュリスト842 - 853号、1985年)
  • 『新労働時間法のすべて』(共著)(有斐閣、ジュリスト917号、1988年)
  • 『判例に学ぶ雇用関係の法理』(共著)(総合労働研究所、1994年)
  • 『職業生活と法』(共著)(岩波書店、1998年)
  • 『新雇用社会の法』(有斐閣、2002年)
  • 『詳説労働契約法』(共著、弘文堂、2008年)
  • 『ケースブック労働法[第5版]』(共著、弘文堂、2009年)
  • 『労働法[第11版]』(弘文堂、2016年2月)

記念論文集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 退官教官の紹介 東京大学学内広報1285号
  2. ^ 役員 独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)