小西秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小西 秀樹(こにし ひでき、1962年 - )は、日本の経済学者早稲田大学教授。専門は政治経済学、公共選択理論。博士(経済学東京大学1994年)。

来歴[編集]

人物[編集]

  • 指導教授の他、大学院の先輩の清野一治に影響を受けた旨を清野の生前に書いた『公共選択の経済分析』のはしがきや経済セミナーの2010年2・3月号=652号に掲載の清野の追悼特集で述べている。
  • 日本テレビ報道記者兼キャスターの小西美穂は妹。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 河野勝・荒木一法・清水和巳・友利厚夫)『《当事者》としていかに危機に向き合うか ――震災復興の政治経済学を求めて2』(早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)(2012、早稲田大学出版部

外部リンク[編集]