小佐野広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小佐野 広(おさの ひろし、1955年8月30日[1] - )は、日本の経済学者、京都大学経済研究所教授。

大阪府出身。大阪府立北野高等学校卒、1978年京都大学経済学部卒、1982年大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程中退、1991年「契約経済における賃金・雇用変動」で阪大経済学博士。1982年滋賀大学経済学部助手、1984年講師、1986年助教授、1990年大阪大学教養部助教授、1994年同国際公共政策研究科助教授、1996年京都大学経済研究所助教授、1997年教授となる[2]。2002年『コーポレート・ガバナンスの経済学』で日経・経済図書文化賞受賞。

著書[編集]

  • 『コーポレート・ガバナンスの経済学 金融契約理論からみた企業論』日本経済新聞社 2001
  • 『コーポレート・ガバナンスと人的資本 雇用関係からみた企業戦略』日本経済新聞社 2005

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 外部リンク参照

外部リンク[編集]