道垣内正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

道垣内 正人(どうがうち まさと、1955年12月18日 - )は、岡山県岡山市出身の法学者弁護士東京大学名誉教授[1]早稲田大学 法学学術院、大学院法務研究科教授。専門は国際私法

人物[編集]

専門である国際私法の他にスポーツ法エンターテイメント法も研究対象としている。早稲田大学 法学学術院、大学院法務研究科教授、長島・大野・常松法律事務所シニアカウンセル(第一東京弁護士会所属)を務める。元(公財)日本スポーツ仲裁機構代表理事(機構長)を務める。

民法学者で東京大学大学院法学政治学研究科教授の道垣内弘人は実弟。恩師は池原季雄および三ヶ月章

略歴[編集]

研究テーマ[編集]

  • 国際私法
  • 国際民事手続法

在外研究[編集]

  • ミシガン大学客員研究員
  • コロンビア大学客員研究員
  • アバディーン大学、パリ第2大学、マックス・プランク研究所(ハンブルク) 文部省短期在外研究

著書[編集]

単著[編集]

  • 『自分で考えるちょっと違った法学入門』(有斐閣, 1993年/新版, 1998年/第3版, 2007年)
  • 『ポイント国際私法(各論・総論)』(有斐閣, 1999年-2000年/第2版, 2007年)
  • 『国際契約実務のための予防法学: 準拠法・裁判管轄・仲裁条項』(商事法務、2012年)

共著[編集]

  • 澤木敬郎)『国際私法入門[第4版]』(有斐閣, 1996年/第5版, 2004年/第6版, 2006年)
  • 筒井若水)『法からみる国際関係――国際法・国際私法からのアプローチ』(放送大学教育振興会, 1998年)

編著[編集]

  • 『ハーグ国際裁判管轄条約』(商事法務, 2009年)

共編著[編集]

  • 高桑昭)『新・裁判実務大系(3)国際民事訴訟法――財産法関係』(青林書院, 2002年)
  • 櫻田嘉章)『国際民事手続法――cases & materials』(有斐閣, 2004年)
  • (櫻田嘉章)『ロースクール国際私法・国際民事手続法』(有斐閣, 2005年/第2版, 2007年)
  • 佐藤やよひ)『渉外戸籍法リステイトメント』(日本加除出版, 2007年)
  • 小寺彰)『国際社会とソフトロー』(有斐閣, 2008年)
  • 須網隆夫)『ビジネス法務大系(4)国際ビジネスと法』(日本評論社, 2009年)
  • 早川吉尚)『スポーツ法への招待』(ミネルヴァ書房、2011年)
  • 森下哲朗)『エンタテインメント法への招待』(ミネルヴァ書房、2011年)
  • (櫻田嘉章)『注釈国際私法 第1巻・第2巻』(有斐閣、2011年)

所属学会[編集]

  • 万国国際法学会(Institut de Droit International、国外)
  • 国際法協会(日本支部)(International Law Association)(理事 、2001- 、国外 )
  • 国際私法学会 (理事 、1999- 、国内 )
  • 国際法学会 (理事 、1997- 、国内 )
  • 日本国際経済法学会 (理事 、国内 )
  • 日本民事訴訟法学会 (国内)
  • 金融法学会 (国内)
  • 仲裁ADR学会 (国内)
  • 日本空法学会 (国内)
  • 著作権法学会 (国内)
  • 国際著作権法学会 (国外)
  • スポーツ法学会 (理事 、国内 )
  • 社団法人日本仲裁人協会 (評議員 、2005- 、国内 )
  • 日本私法学会 (国内)

脚注[編集]

外部リンク[編集]