河合正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河合 正弘
生誕 (1947-12-01) 1947年12月1日(70歳)
研究機関 (機関)アジア開発銀行研究所
研究分野 国際金融論
母校 東京大学(学士、修士)
スタンフォード大学([M.S]Ph.D
テンプレートを表示

河合 正弘(かわい まさひろ、1947年12月1日 - )は、日本経済学者東京大学名誉教授、元アジア開発銀行研究所長。学位は経済学Ph.D(スタンフォード大学)。岡山県出身[1]

学歴[編集]

  • 1966年3月 - 静岡県立静岡高等学校卒業[要出典]
  • 1971年6月 - 東京大学経済学部卒業
  • 1973年6月 - 東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、経済学修士(MA)取得
  • 1976年6月 - スタンフォード大学統計学MS(修士号)取得
  • 1977年6月 - スタンフォード大学大学院経済学研究科博士課程修了
  • 1978年9月 - スタンフォード大学経済学Ph.D(博士号)取得

職歴[編集]

ほか、現在、日本国際フォーラム参与[2]、政策委員[3]を務める。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

  • 安保哲夫柴垣和夫)『日米関係の構図――相互依存と摩擦』(ミネルヴァ書房, 1992年)
  • (通産省通商産業研究所)『円高はなぜ起こる――変動する為替レートと日本経済』(東洋経済新報社, 1995年)
  • The New World Fiscal Order: Implications for Industrialized Nations, co-edited with C. Eugene Steuerle, (Avebury, 1996).
  • (QUICK総合研究所アジア金融研究会)『アジアの金融・資本市場――自由化と相互依存』(日本経済新聞社, 1996年)
  • Exchange Rate Regimes in East Asia, co-edited with Gordon de Brouwer, (RoutledgeCurzon, 2004).

訳書[編集]

  • J・A・フレンケル、A・ラジン『財政政策と世界経済』(HBJ出版局, 1991年)
  • マイケル・G・プランマー、アレクサンドラ・トルチアック=デュヴァル編『開発のための政策一貫性――東アジアの経済発展と先進諸国の役割』(明石書店, 2006年)

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.310
  2. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]