須田美矢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

須田 美矢子(すだ みやこ、1948年昭和23年)5月15日 - )は、日本経済学者。専門は、国際金融論。日本銀行政策委員会委員(2001年~2011年3月)を歴任。

人物[編集]

山口県出身。都立西高校東京大学教養学部卒業後、東京大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。専修大学経済学部助教授/教授(1982年~1990年)、1990年4月から学習院大学経済学部教授となる。2001年に篠塚英子の後任として日本銀行政策委員会委員に就任、2011年3月に同委員を退任した(後任は白井さゆりが担当)。その後甲南大学特別客員教授を務め、現在はキヤノングローバル戦略研究所特別顧問を務めている。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『国際マクロ経済学』(日本経済新聞社, 1988年)
  • 『ゼミナール国際金融入門』(日本経済新聞社, 1996年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『対外不均衡の経済学』(日本経済新聞社, 1992年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ジョン・ウィリアムソン『世界経済とマクロ理論』(多賀出版, 1990年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]