柴垣和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴垣和夫
マルクス経済学宇野経済学
生誕 1934年1月21日
影響を
受けた人物
カール・マルクス宇野弘蔵
テンプレートを表示

柴垣 和夫(しばがき かずお、1934年1月21日 - )は、日本経済学者マルクス経済学研究者ハリウッド大学院大学教授東京大学名誉教授武蔵大学名誉教授

略歴[編集]

東京市(現・東京都)出身。東京大学経済学部卒業、1961年東京大学大学院社会科学研究科応用経済学専門課程単位修得退学。1966年経済学博士(東京大学)。その後、東京大学教授(社会科学研究所財政金融部門のち比較現代経済部門)、武蔵大学経済学部教授新潟産業大学大学院経済学研究科特任教授、ハリウッド大学院大学教授を歴任した。

経済理論学会元代表幹事、信用理論研究学会理事、日本学術会議連携会員。

「九条科学者の会」呼びかけ人を務めている[1]

著書[編集]

  • 『日本金融資本分析 - 財閥の成立とその構造 -』東京大学出版会、1965年
  • 『三井・三菱の百年 - 日本資本主義と財閥 -』中央公論社、1968年
  • 『日本資本主義の論理』東京大学出版会、1971年
  • 『社会科学の論理』東京大学出版会、1979年
  • 『昭和の歴史9・講和から高度成長へ』小学館、1983年
  • 『回顧六〇年 - 東大での研究生活を中心に -』柴垣和夫教授の還暦を祝う会、1994年
  • 『知識人の資格としての経済学』大蔵省印刷局、1995年
  • 『現代資本主義の論理 - 過渡期社会の経済学 -』日本経済評論社、1997年

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]