水島宏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
1988 ソウル 男子団体総合

水島 宏一(みずしま こういち、1965年8月1日 - )は日本の男子体操競技選手として活躍。 岡山県苫田郡加茂町(現津山市)出身。

加茂中学関西高校日本大学大和銀行体操部(現コナミスポーツ)。

1980年代後半に、日本男子体操チームの中心選手としてチームを支えた。この時期、ライバルのソビエト連邦は全盛期で、中国東ドイツの台頭もあり、日本チームは苦戦を余儀なくされていた。そのような状況下でも、彼は最新の技を積極的に取り入れ、世界の強豪に挑んでいた。

現役引退後、米国などで指導者としての研修等を終えたあと、2016年3月まで東京学芸大学准教授を勤め、体操競技部の監督として後進の指導に当たっていた。厳しい一面もあり、激昂することもあったそうだが学生からはとても人気が高かった。その人柄は体育科以外の学生からも人気があり、教員採用試験前には放課後に水島の指導を仰ぎに体育館に向かう学生が多くいた。

2016年4月、母校である日本大学の文理学部体育学科教授に着任。同時に同体操競技部の監督に就任。

主な戦績[編集]