中山彰規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中山彰規 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Akinori Nakayama 1966d.jpg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1943-03-01) 1943年3月1日(75歳)
生誕地 新潟県五泉市
種目 男子体操競技
学歴 中京大学
 
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
1968 メキシコシティ 男子 鉄棒
1968 メキシコシティ 男子 平行棒
1968 メキシコシティ 男子 つり輪
1968 メキシコシティ 男子 団体総合
1972 ミュンヘン 男子 つり輪
1972 ミュンヘン 男子 団体総合
1968 メキシコシティ 男子 床運動
1972 ミュンヘン 男子 床運動
1968 メキシコシティ 男子 個人総合
1972 ミュンヘン 男子 個人総合
テンプレートを表示

中山 彰規(なかやま あきのり、1943年3月1日 - )は、日本の体操競技選手であり、夏季オリンピックの金メダリストである。愛知県名古屋市出身。中京商業(現中京大学附属中京高等学校)、中京大学を卒業し、その後、同大学の体育学部教授となった。

1968年メキシコシティオリンピック1972年ミュンヘンオリンピックの体操競技で合計6個の金メダルと、2個の銀メダル、2個の銅メダルを獲得した。日本男子体操チームの中心人物として、体操団体競技の連覇の更新に貢献した(1960年から1976年までの5連覇のうちの2回)。つり輪鉄棒の種目では彼の名前を冠した技「ナカヤマ (Nakayama) 」がある。

2005年国際体操殿堂入りし、表彰を受けた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]